企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

最新イベント・セミナー情報

2021.06.05

「100万人のキャンドルナイト2021」6月20日(日)に開催。学生団体とも連携し、持続可能な社会について考えるオンラインイベント

大地を守る会がJ-WAVE、国連UNHCR協会と共に開催

 オイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平)が運営する有機食材宅配のパイオニア「大地を守る会」は、「FMラジオ局 J-WAVE(81.3FM)」と、特定非営利活動法人 国連UNHCR協会と共に、「100万人のキャンドルナイト2021」を世界難民の日である2021年6月20日(日)にオンラインにて開催いたします。
 100万人のキャンドルナイトは「でんきを消して、スローな夜を。」を合言葉に、2003年に大地を守る会の呼びかけにより始まったムーブメントです。政府による昨年10月の「カーボンニュートラル宣言」など環境問題への対策が議論され続けており、電気を消してキャンドルを灯すことで、地球環境や持続可能な社会について一人ひとりがゆっくりと考えるきっかけとなることを目指します。
※出演者情報、企画内容については随時下記サイトで情報を更新し、ご紹介します。
100万人のキャンドルナイト2021サイト:https://candle-night.tokyo/
 今年は、学生が企画から参加する「未来のキャンドルナイトプロジェクト」、オンラインでの料理教室、J-WAVE がプロデュースするアーティストのLIVE配信などの企画を実施予定です。電気を消して普段とは違った空間となったおうちでの、豊かな時間の過ごし方を提案します。
J-WAVEによるアーティストLIVE(昨年の様子)

J-WAVEによるアーティストLIVE(昨年の様子)

未来のキャンドルナイトプロジェクト

 初めての試みとなる「未来のキャンドルナイトプロジェクト」では、複数の学生グループが企画・運営に参加します。全国各地のキャンドルナイト会場を繋ぐ「キャンドルナイトリレー」や、SNSでのハッシュタグを活用した投稿など、学生のアイデアを活かしたプログラムを準備しています。
 これから大人になる若者(学生)がキャンドルナイトに参加することで、地球や環境、社会のことを考えていくきっかけを作り、キャンドルナイトのムーブメントを未来へと繋げていきます。
キャンドルナイトリレー イメージ図

キャンドルナイトリレー イメージ図

学生との打ち合わせの様子

学生との打ち合わせの様子

アーティストLIVEを配信 国連UNHCR協会と初のコラボレーション

 今年のLIVE配信は、6月20日が「世界難民の日」にあたることから、「UNHCR WILL2LIVE ムーブメント」 と初のコラボレーション。ゲストを迎えてのライブやトークを通して、持続可能な社会の実現、 世界平和や医療従事者への感謝、 難民への支援などに思いを馳せる時間を共有します。
 タイトル:世界難民の日 特別配信「100万人のキャンドルナイト with  UNHCR WILL2LIVE Music 2021」
 主催:大地を守る会/J-WAVE(81.3FM)/国連UNHCR協会
 開催日時:2021年6月20日(日)18:30~配信開始 ※無料でご視聴いただけます。
 視聴方法:後日発表
 ゲスト:後日発表  
 MC:長野智子(国連UNHCR協会 報道ディレクター)、サッシャ(J-WAVEナビゲーター)
24 件
〈 1 / 2 〉

関連記事