企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

最新イベント・セミナー情報

2021.08.18

リユースでサステナブルな未来を創る。コロナ禍でのSDGs達成を考える「リユースフェス2021」が8月18日より3日間、オンラインで開催。

リユース(中古品販売)業界の発展を促すことで、よりよい社会を創りたい。そんな想いから企業向けだけでなく個人向けのイベントも用意し、充実した内容をお届けする“リユースの祭典”を完全オンラインで開催。

当日はVimeoという動画配信ツールを2チャンネル用意し、様々なイベントを絶え間なく生配信。参加者は好きなセミナーを選んで好きなだけ視聴できる。参加は誰でも完全無料。リユース関係の企業・団体はもちろん、これからリユースを始めたいビギナーの個人まで、スマホやPCから簡単に参加することができる。『みんなのリユース 〜個人も、企業も、みんなで育てるリユースの未来〜』を大きなテーマとし、一人一人の意識を少しずつ変えることで、リユース業界のさらなる発展と環境問題の解決を目指す。リユース業界のあらゆることを学べる3日間が始まる。
リユースフェス2021
リユース(中古品販売)業界向けの各種システム開発・販売を行う株式会社ワサビ(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:大久保裕史)が運営事務局として「リユースフェス2021」が、8月18日(水)19日(木)20日(金)の3日間オンラインで開催される。

過去に第6回、7回の「リユースサミット」に携わってきた同社が、企業だけでなく個人にもリユースの裾野を広げて業界全体を盛り上げ、リユースに携わるすべての人たちを応援したいという想いから、誰でも気軽に参加できる「リユース“フェス”2021」の開催を企画した。
リユースフェス2021
昨今の世界的な課題として取り上げられる「SDGs(=持続可能な開発目標)」の達成や環境問題の解決手段としてリユースは国からも大きな期待を受けており、本イベントでは環境省・経済産業省の講演も予定されていることからもまさにリユース業界の一大祭典であることが伺える。
企業向けのテーマは「新時代のチャネルミクス」。SNSを駆使した新たな集客、海外顧客へのアプローチ、ITを活用したビジネス拡大、コロナ禍における各店舗の取り組みなど、今リユース事業者が一番知りたい情報を知ることができる。
リユースフェス2021
特に近年重要視されるSNSマーケティングについては、その先駆けであるTwitterやLINEの担当者が直接、SNS活用法や顧客とのコミュニケーション術について生配信する。

元No.1キャバクラ嬢にして現在は実業家、タレントとして活躍する”エンリケ”こと小川えり氏のセミナーも注目だ。「5秒の動画配信で200件の買取実績!」というタイトルで、SNSを活用した最先端のリユース事業について熱く語る
リユースフェス2021
またコロナ禍においてオンラインを通じたビジネスはもはや欠かせないものとなっている中で、Amazonや楽天市場、ヤフオクなどのオンラインショッピングモールの担当者からも新規に出店したい人向けの説明や各モールの今後の展望など、生の声を聞くことができる。
リユースフェス2021
個人向けのテーマは「スタートアップ」。これからリユースを始める方、より一歩進んだリユースをしてみたい方、そんな方にまずはリユースのことを知ってもらう、さらに一歩を踏み出す機会をサポートする。

初心者でも始めやすいリユースとして挙げられることも多い「せどり」。そんなせどりで年商1億円を達成したYoutubeチャンネル「圧倒的乞食チャンネル」の”れいばん”こと東松良太氏のセミナーは1日目の一番手に用意されており、これからリユースを始めたい人にとっては特におすすめの内容だ。
リユースフェス2021
そしてせどりの仕入れ先としても利用されることも多い「ブックオフ」とせどりYoutuber達が直接対談し、せどりにおける暗黙のルールやマナーについて意見を交わすパネルディスカッションも興味深い。

登壇者一覧。3日間で100人以上の登壇があり、日本国内だけでなく中国、アメリカ、タイ、フィリピン、カンボジアなど海外からも中継が予定されている。越境ECへの出店をサポートする同社ならではの強みを活かしたセミナー内容となっており、海外進出や海外ECモールへの出店を考えている店舗にとってはこれ以上ない勉強の機会となるだろう。
リユースフェス2021
18 件
〈 1 / 2 〉

Related