企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

最新イベント・セミナー情報

2021.10.08

ジョイセフ 国際ガールズ・デー2021 〜すべての女の子が、自分の未来を自分で選択できる世界を!〜

国際ガールズ・デーのある10月は、「知って、アクションする」スペシャルコンテンツ&キャンペーンを実施

すべての女性がどの地域にいても自分の意思で自分の人生を選択できる社会を目指して活動している国際協力NGOジョイセフは、10月11日の国際ガールズ・デーに際し【知る】ための、I LADY.「性と恋愛 2021」大規模調査の結果発表をはじめ、自ら【アクション】するための、様々なキャンペーンを実施します。
 (13029)

10月11日 国際ガールズ・デーに向けてジョイセフアンバサダー 冨永愛からのメッセージ

 (13031)
国際ガールズ・デー月間です!
女性にまつわる事柄に心を傾けてみてください
実は日本でも未だに多くの問題を抱えています。
一体何が起きているのでしょうか?
そして世界では何が起きているのでしょう?
大きいようで小さい地球
まずは知ることから始めてみよう!  

ジョイセフ国際ガールズ・デー:【知る!】

[日本の若者の性と恋愛に関する“リアル”や、世代とジェンダーのギャップに迫る!]
I LADY.「性と恋愛 2021」ー日本の若者の意識調査ー分析結果のシェアを10月6日(水)12:00~
プレス向けZOOM発表会にて実施

 (13034)
日本の若者のSRHR(セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ:性と生殖に関する健康と権利)意識向上を目的としたプロジェクト「I LADY.」(http://ilady.world/)の一貫として、2年ぶりに高校1年生〜29歳の日本の若者(3,266人)「性と恋愛2021ー日本の若者のSRHR意識調査ー」を「リアルな恋愛観」、「性・セックスの意識」、「避妊・性感染症予防の本音」、「セクシャル・ヘルスについて」、「自分の人生を決められるか」の5つのテーマ別に実施。

世代間ギャップをも検証すべく調査対象を、30歳〜64歳(2,072人)の親世代にまで拡大した結果、親世代から子世代へ、世代を超えて刷り込まれたステレオタイプな現象と、大きな世代間ギャップのある調査項目がありました。特に、避妊薬については、若者世代が親世代よりも知識があることがわかりました。コロナ禍で生理の貧困が話題になった昨今の日本社会の実情を反映する結果も出ています。

10月6日のプレス発表会では、調査対象のU30の若者と、調査項目の監修をした産婦人科医と法学者の2人の専門家とともに、検証発表を行います。

▶ プレス向け発表会:詳細および申込フォームはこちら
https://forms.gle/KE4ibhAqmNY9ay3YA
※本イベントは報道関係者のみに限定させていただいております。

■全調査データは、10月6日に I LADY. HP ( https://ilady.world/ ) および 公益財団法人ジョイセフのウェブサイトにて公開を予定しています。どなたでもご覧いただけます。

ジョイセフ国際ガールズ・デー:【アクション!】

1. チャリティーピンキーリング10周年!国際ガールズ・デーの10月11日から新リング5種販売開始!
 (13038)
世界のすべての女の子の幸せを願い、これまで30種以上を超えるテーマのリングを生み出してきたチャリティーピンキーリング(小指のリング)は今年で10周年。

国際ガールズ・デーに際し、今回チャリティーピンキーリング史上はじめて、高校生~29歳たちが中心となり、リングのテーマとコンセプト、リングの色・素材選びまでの全工程をすべて生み出しました。ガールズからガールズへ。「すべての女の子たちへの想いと願い」がつまった新作です。

36 件
〈 1 / 2 〉

関連記事