企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

2021.04.09

【イベントレポート】「これまで気づかなかった、沖縄での新しい過ごし方、新しい魅力を、ワーケーションを通じて是非体験いただきたい。」沖縄県がワーケーションの魅力やモデルプランをウェビナーで発表

 沖縄県では新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、リモートワークなどの働き方や生活様式が変動したことを背景に、新たな観光ツールとしてワーケーションの確立、誘致促進と認知拡大を図るため「沖縄ワーケーション促進事業」を2020年10月より実施しております。  その一環として、この度、3月23日(火)15:00より、沖縄ワーケーションの魅力やモデルプランを発表する無料ウェビナー『~沖縄県がアフターコロナを見据えて6つのモデルプランを発表~心身ともにリフレッシュ&アイデア創発も!「沖縄ワーケーション」 のススメ』を開催しました。

 (168)
 (169)
 本ウェビナーは2部制となっており、第1部では「6つの沖縄ワーケーション・モデルプラン」の発表とその開発背景、事前に実施したモニターツアーの様子などを紹介。第2部では「沖縄での家族同伴ワーケーション」を成功させるためのポイントや注意点、おすすめの過ごし方などを旅行業界関係者や家族同伴(子連れ)ワーケーション体験者、ワーケーションサポート事業者など、様々な視点を交えたトークセッション形式で展開しました。
アーカイブ動画はこちらよりご覧いただけます。

〜沖縄県がアフターコロナを見据えて6つのモデルプランを発表〜心身ともにリフレッシュ&アイデア創発も! 「沖縄ワーケーション」 のススメ

沖縄県文化観光スポーツ部のプレゼン資料は、こちらよりご覧いただけます。
URL: https://drive.google.com/file/d/14JGDBsIRTlIowl7SJYtIWLgfFxvqWgoM/view?usp=sharing

第一部(講演)

沖縄におけるワーケーションの可能性について

―登壇者:株式会社JTB総合研究所 主席研究員 山下真輝氏
 (178)
沖縄県の現状と課題の解決策として、長期滞在型ワーケーションの推進について講演。沖縄県内のコワーキングスペースや宿泊施設など、ワーケーション拡大に向けた施設整備の促進や、沖縄県が持つ自然や文化などの価値とワーケーションを掛け合わせた旅行商品の企画アイデアについて発表しました。

山下氏は「沖縄でのワーケーションは、物見遊山的な観光スポット巡りというよりも、その土地のことを深く知っていただくような旅のスタイルに変わっていく一つのきっかけになるのではないかと感じております。」と、沖縄でのワーケーションの可能性についてコメントしました。

沖縄ワーケーション:地域特性を活かした6つのモデルプランご紹介

―登壇者:沖縄県文化観光スポーツ部 部長 渡久地一浩
 (182)
働き方や生活様式など、コロナ禍によって社会ニーズが変化したことを背景に、沖縄県が有する自然や文化などの価値を掛け合わせて生み出した、大自然を活用し健康価値向上を図る「ウェルネス・ワーケーション」と、リラックスしながらチーム力を高め、能力開発を図る「チームビルディング・ワーケーション」の2つの要素をベースに作成した、6つワーケーション・モデルプランについて発表。

渡久地は「沖縄には地域ごとの多種多様な魅力があり、それに伴って様々なワーケーションニーズへの対応が可能です。これまでは気づかなかった沖縄での新しい過ごし方、新しい魅力を是非ワーケーションを通じて、体験いただけると幸いです。」とコメントしました。
44 件
〈 1 / 3 〉

関連記事