企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

2021.08.11

ただ飲むだけで日本の食料自給率アップ。規格外野菜を扱う「八百屋×カフェ 和合堂」がSDGsの取り組みとして国産農産物を使ったオリジナルドリンクの販売をスタート。

食品ロス削減および農家SOS受けの一環として、お客様とともに始める「日本の食料自給率アップ運動」を実施。

心と身体の再生をテーマとする「八百屋×カフェ 和合堂」を運営する株式会社ConnectFarmが国産農産物の消費拡大の促進に向けてオリジナルドリンクを販売。

概要

株式会社Connect Farmは日本の食料自給率アップへの取り組みとして、農家SOS受けとして仕入れた国産果物をふんだんに使用したオリジナルドリンクの販売を2021年7月に実施致しました。
今回の取り組みを通して、国産農産物の消費拡大および食料自給率の向上、ひいては日本の農業の未来創造を目指します。
合わせて、今回のケースをモデルケースとして株式会社Connect Farmは日本全国の生産者との連携を進め、国産野農産物の流通ルートおよび販路の拡大を目指します。
和合堂オリジナル国産レモネード

和合堂オリジナル国産レモネード

背景

全国的な天候不順などにより規格外の農産物が増加傾向にあります。
週二で農家を訪れ生産者の声を聞く代表取締役社長:清水飛鳥が「見た目ではなく、美味しいものをしっかりと世の中に流通させたい」という熱い想いからスタート。
そこから社長が好きな国産果物と自家製国産レモネードとをコラボさせた、和合堂オリジナルレモネードを販売することを決めました。
農家を訪れる代表取締役社長

農家を訪れる代表取締役社長

目的

・食品ロス、フードロス削減および消費者の規格外農産物への意識改善
・日本の食料自給率アップ
・国産農産物の販路の拡大
和合堂オリジナル国産レモネードメニュー

和合堂オリジナル国産レモネードメニュー

今後の取り組み

株式会社Connect Farmの経営理念「日本の心を繋ぎ、届けます」の実現

・加工・業務用需要に対応した国産農産物の販路拡大
・国産農産物を通して食育の推進
・農業コミュニティでの活動を通して「食」と「農」の距離縮小

八百屋×カフェ 和合堂について

心と身体の再生がテーマ。
野菜および加工品の販売とカフェスペースが併設。
オーナー自ら産地に出向き仕入れた野菜や農家さん自慢の加工商品を提供しています。
またSDGsに積極的に取り組み、全国の農家さんで発生する食品ロス・フードロスの改善にも力を入れています。
港区ごみ減量優良エコショップの優良表彰を受賞。
・公式Instagram:https://www.instagram.com/wagoudou_cafe/
・公式LINE:https://lin.ee/cia0fXA

株式会社Connect Farmについて

16 件
〈 1 / 2 〉

Related