企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.06.03

ヴィーガン認証 おにぎり型こんにゃくスポンジ “つるりん ころりん”

地球に優しく健康や美容にこだわったクリーンビューティープロジェクト第一弾

オリジナル商品の開発・企画デザインを手掛ける株式会社TEE-FACTORY(本社:茨城県久慈郡大子町、代表取締役社長:高村和成)は、100%天然の国産こんにゃくでできたヴィーガン認証取得 サステイナブルな洗顔用凍みこんにゃくスポンジ『つるりん ころりん』を 2021年5月29日(土)「こんにゃくの日」に発売開始 。
公式オンラインショップ等にて、新商品発売記念キャンペーンを実施いたします。
つるりん ころりん
粉こんにゃく発祥の地とも言われている茨城県奥久慈を拠点とする、こんにゃく製造会社 袋田食品株式会社の三代目継承者が、自身にとって身近な存在でありサスティナブル素材として注目されているこんにゃくを通じて、新たな価値創造を目指したいという想いから地球に優しく健康や美容にこだわったクリーンビューティープロジェクトを立ち上げました。

凍みこんにゃくスポンジ「つるりん ころりん」とは?

1.手になじむ、おにぎり型デザイン

手になじむ、おにぎり型デザイン
『つるりん ころりん』誕生のきっかけは、毎日、母がにぎったおにぎりを持ってこんにゃくの製造工場に出掛けていた父。その姿を見て身近な存在のこんにゃくとおにぎりに親和性を感じ、『つるりん ころりん』を考案しました。
日本人全体の9割以上が“好きだ”という調査結果も出ているおにぎりを、誰もが毎日使えるこんにゃくスポンジに。三角形は持ちやすく、角が肌の細部までフィットし、気になる毛穴汚れや余分な角質にアプローチ。お子様から大人まで男女問わずにプレゼントにも喜ばれるかわいらしいフォルムです。

2.無添加の自然派素材、国産こんにゃく100%使用

無添加の自然派素材、国産こんにゃく100%使用
茨城県北部にある自然豊かな奥久慈の天然水など恵まれた材料を使用した袋田食品のこんにゃくを元に研究を積み重ねた結果、漂白剤や防腐剤、化学薬品を一切使わずにこんにゃく成分のみを活かした洗顔用凍みこんにゃくスポンジが完成しました。独自の製法で作り出された一段ときめの細かいこんにゃくスポンジはもっちりと弾力性があり、肌なじみも抜群に。敏感肌やアトピー、マスク肌荒れやニキビでお悩みの方はもちろん、赤ちゃんにもおすすめできる大人の肌にもやさしいスポンジです。素材は水と蒟蒻メーカーである私たちが厳選した食用国産こんにゃく粉のみ、ヴィーガン・ベジタリアンの方にも安心してお使いいただけます。

蒟蒻業界の始祖を祀る蒟蒻神社

蒟蒻業界の始祖を祀る蒟蒻神社
茨城県久慈郡大子町は、古くからこんにゃく栽培が盛んで、江戸時代は水戸藩の専売品でした。蒟蒻加工方法を開発して近世の蒟蒻の流通を大きく変え、現在の蒟蒻業界の始祖となった中島藤右衛門翁(1747~1828)を祀っています。中島藤右衛門がこんにゃく芋を粉末にする方法を発見してから、全国的に蒟蒻が栽培されるようになりました。
27 件
〈 1 / 2 〉

Related