企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.11.18

AMIAYA、悦奈が金沢を“HAKKEN=発見”! 石川県金沢市の魅力を世界に発信するプロモーション映像をChannel 47がプロデュース

AMIAYAはポップに、悦奈はしっとりと
それぞれが“HAKKEN”した金沢の奥深さ



エンターテインメントの力で日本文化・地方文化の魅力を海外に発信するChannel 47(以下、当社)は、本日11月16日、石川県金沢市の観光資源を海外向けにPRする映像作品『HAKKEN』シリーズを2本公開しました。
これらの映像作品は、2021年9月に金沢市で開催された『カナザワ映画祭』を海外にPRする取り組みの一環として当社がプロデュースしたもので、『カナザワ映画祭』の目指す“地方からの文化発信”という理念と、当社の“日本・地方の魅力を世界に発信する”という目的が合致したことで実現しました。
出演者には、映画祭の授賞式にもゲスト参加したAMIAYA、悦奈の2組(ともにASOBISYSTEM所属)を起用。映画祭に参加するために金沢を訪れた2組が、それぞれの目線で街の奥深さを“HAKKEN”する様子を、市内の美しいロケーションと共に表現しています。



<動画①>
「HAKKEN -Discover Kanazawa with AMIAYA-」

■YouTube:https://youtu.be/a9-gD-ftTE0
■ロケ地:近江町市場、金沢21世紀美術館、つば甚、志摩、グリルオーツカ、箔座ひかり藏、本田屋食器店、長町武家屋敷など
■出演:AMIAYA
公式サイト:https://asobisystem.com/talent/amiaya
AMI Instagram:https://www.instagram.com/amixxamiaya/
AYA Instagram:https://www.instagram.com/ayaxxamiaya/
Twitter:https://twitter.com/AMI__AYA
 (17095)



<動画②>
「HAKKEN -Experience Kanazawa’s History with ETSUNA-」

■YouTube:https://youtu.be/Z3h-57mhouU
■ロケ地:ひがし茶屋街、杜の中の工房 北陶、いしかわ赤レンガミュージアム、国立工芸館、石川橋、三の丸広場、玉泉院丸庭園、アンティークキモノ 装姫、中の橋、主計町茶屋街、つば甚、久連波など
■出演:悦奈
公式サイト:https://asobisystem.com/talent/etsuna/
Instagram:https://www.instagram.com/etsunaotsuka/
Twitter:https://twitter.com/etsuna_artist
 (17097)



<情報①>
 (17099)
『カナザワ映画祭』は、一般社団法人映画の会(代表理事:小野寺生哉)が“まちなかの発展”と“地方からの文化発信”を趣旨に、金沢21世紀美術館 シアター21などで継続開催している映画祭。15回目となった今年は、2021年9月18日(土)から20日(月・祝)にかけて催されました。毎年こだわりの作品の上演はもちろんのこと、積極的に新人監督を発掘する「期待の新人監督」プログラムにも定評があります。今回の「期待の新人監督」には83本の作品がエントリーされ、うち11本が上映権を獲得しました。グランプリは、MELIA監督の『体験型ツアー』が受賞しました。MELIA監督には、今回特別に設けたChannel 47賞も授与しています。

■公式サイト:https://www.eiganokai.com/event/filmfes2021/kanazawa/



<情報②>
 (17101)
Channel 47は、エンタテインメントの力で日本・地方の魅力を海外に発信するプロジェクトです。タレント・クリエイターが参加するイベントの企画や、日本の伝統や文化を海外に伝えるコンテンツの制作などを行います。Channel 47では、今回の『カナザワ映画祭』のアフタームービーも制作しています。こちらは後日、当社の公式YouTubeチャンネルなどで公開します。また、カナザワ映画祭のスカラシップ作品として今年のタテマチ映画祭で上映された『宇宙人の画家』の英語版字幕の制作も手がけるなど、同イベントの魅力を海外に発信するためのさまざまな施策に取り組んでいます。

■公式サイト:https://channel47.jp/
9 件

関連記事