企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.11.23

スマホで出来る社会貢献!高校生と企業をつなぐ共創型オンラインプロジェクト『ジブン高校未来部』をオープン

スタディメーター株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:箕輪 旭)は、高校生のアイデアと企業のチカラで社会貢献できる新サービス「ジブン高校未来部」を2021年11月22日(月)よりリリースいたします。


◆ジブン高校未来部URL

https://mirai-bu.com/


◆ジブン高校未来部の概要
「ジブン高校未来部」は、応援パートナー(協賛企業)が取り組むソーシャルビジネスに高校生主体で参加できる共創型のオンラインプロジェクトで、高校生のアイデアと企業の実行力をマッチングさせることで社会課題の解決や問題提起に取り組みます。企業側は、高校生のアイデアや問題提起、行動が企業の課題解決につながることを期待し、高校生側は、公開された各企業のプロジェクトに対して自由にアイデアを投稿してもらい、マッチングした場合は企画会議への出席などを通じてより深く企業活動に参加することが出来ます。また同時にそのような経験を得ることで、高校生自らのキャリアデザインを育むことを目指しています。
サービス利用イメージ

サービス利用イメージ

◆ジブン高校未来部の3つの特徴
1.AIを活用して高校生の「やりたい!」を探す
AI先輩である「ミライ先輩」が勉強や進路のサポートをすることで、気軽に進路や将来のことを考えるきっかけを促します。

2.企業の課題解決プロジェクトに気軽に参加できる
SDGsなど様々な社会課題に対して取り組む企業と一緒に考え、実際にアイデアを実行していくことで、社会との接点を創り出します。一方高校生にとっても、企業からの推薦状や、活動の記事化等を通して、推薦入試などで自己PRできる材料作りにもなります。

3.様々なプロジェクトに参加することで自分の「好き」や「得意」を発見
企業が実際取り組んでいるリアルな社会的事業を経験することで、高校生たちの小さな成功体験を創り出します。


◆「ジブン高校未来部」誕生の背景
スタディメーター株式会社として「なりたい自分への挑戦は、新しい世界を学ぶことから始まる」と考えています。ただ、その新しい世界を学ぶために「最初の一歩」がとても遠く、ハードルが高いという事実を知りました。
「自分らしく生きろ」と言われてもどう生きればいいか分からない。「夢を持て」というけれどどうやって持てばいいのか分からない。そんな自分自身を変えたいけど、どうその最初の一歩を踏み出せばいいか分からない高校生たちへ、最新のテクノロジーを活用することで、気軽に、楽しみながら参加できるプログラムを開発しました。


◆「ジブン高校未来部」の利用シーン
【高校生サイド】
・推薦入試を考えている人に
・やりたいことが見つからない人に
・企業との接点づくりに

【企業サイド】
・高校生たちのリアルな声を集めたい時に
・未来人材との接点づくりに
・企業PRとしての活用


◆「ジブン高校未来部」販売価格
無料
※応援パートナー(協賛企業)のサポートにより無料でサービス提供しています。


◆スタディメーター株式会社について
個人や企業、子どもたちや社会の未来を一歩前へ導くために、デジタル人材育成や、オンライン学習サービスの企画・開発、新規事業開発等を支援。テクノロジーによって人の可能性を広げ、誰もが”未来への一歩”へと踏み出せるようなサポートに取り組んでいます。

【会社概要】
スタディメーター株式会社

スタディメーター株式会社

所在地:東京都千代田区有楽町1-2-2  東宝日比谷ビル9階 ビジネスエアポート日比谷
代表者:箕輪 旭
設立:2020年7月7日
会社URL:https://studymeter-web.com/
事業内容:IT人材・デジタル人材の育成 | オンライン学習サービスの提供 | 教育関連事業の企画・開発
5 件

関連記事