企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.06.08

兵庫県姫路市の鋼管・パイプ卸売業の竹中鋼管がアスエネの再エネ100%電力調達を開始、二川工業のサプライチェーンCO2排出量の削減の推進

ブロックチェーン活用の地産地消・再エネ100%でサプライチェーン排出量の削減を推進

①再エネ100%と電気代10%削減を両立

竹中鋼管株式会社(代表取締役:竹中 一成、「竹中鋼管」)は、アスエネ株式会社(代表:西和田 浩平、「アスエネ」)と連携して、株式会社二川工業製作所(代表取締役:二川 昌也、「二川工業」)が保有する同じ兵庫県の桜上池太陽光発電所より地産地消のCO2排出量ゼロ/再エネ100%の「アスエネでんき」の調達を開始。二川工業は竹中鋼管と連携して、製造・仕入などのサプライチェーン全体のCO2排出量の削減の取組の第一号案件として推進するもの。
「アスエネでんき」の調達
竹中鋼管は、兵庫県姫路市で1955年創業より鋼管卸売業として発足以来、播磨エリアでの鋼管のパイオニアとして、姫路を中心に神戸、岡山など瀬戸内海沿岸にて地域密着型企業を目指して、鋼管・パイプなどの技術・サービス提供をおこなっております。

今回2021年6月、竹中鋼管は取引先の二川工業と連携して、同じ兵庫県の桜上池太陽光発電所(発電設備容量:1,991kW)のCO2排出量ゼロの再生可能エネルギーに切り替え、電気にかかるCO2排出量を▲100%削減すると共に兵庫県の地産地消・地方創生に取組、更なる脱炭素化を推進していきます。

二川工業はアスエネと連携して兵庫県を中心に再エネの地産地消の取組をすすめながら、取引先のパートナー企業と連携しながら更なるサプライチェーン全体のCO2排出量の削減の取組を先導し、日本全体のCO2排出量を削減してカーボンニュートラルな世界を目指していきます。

アスエネは、「次世代によりよい世界を」をミッションに掲げ、再エネ100%・地産地消・コスト削減に繋がるクリーン電力サービスを展開中。今後もアスエネは二川工業、竹中鋼管と連携の上、更なる気候変動テック事業を推進していきます。

竹中鋼管、二川工業、並びにアスエネの詳細は以下の通り。
竹中鋼管、二川工業、並びにアスエネの詳細

竹中鋼管の概要

会社名:竹中鋼管株式会社
サービス内容:鋼管、各種デザインパイプ、インフラ鋼管の卸売、設計、施工ほか
創業:1955年4月
代表取締役:竹中 一成
所在地: 兵庫県姫路市西延末168番地の1
会社HP:https://www.takepipe.co.jp/
お問い合わせ先:電話 079-297-1235(代表)

二川工業製作所の概要

会社名:株式会社二川工業製作所
サービス内容:建設機械装置及び部品、船舶用エンジン部品、産業ロボット部品・航空機エンジン部品、冷熱機械部品の製造、再生可能エネルギー発電事業
創業:1943年4月    代表者        :二川 昌也
所在地:兵庫県加古川市平岡町二俣249番地の1
会社HP:http://www.futagawa.co.jp/  お問い合わせ先:電話 079-436-2111

二川工業保有の兵庫県 桜上池水上太陽光発電所

二川工業保有の兵庫県 桜上池水上太陽光発電所
27 件
〈 1 / 2 〉

関連記事