企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.06.10

市場・漁師・お客様をつなぎ、行き場のない旬の高級魚をお家で味わい、食品ロスを減らす。

家庭での「お魚コンプレックス」をなくすための取り組みを加速

 安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平)が展開する「Oisix」は、2021年6月10日(木)より、本年3月に連結子会社化した株式会社豊洲漁商産直市場が扱う旬の高級魚を、ご家庭でも料亭やお店のような見栄えの仕上がりが楽しめるように共同開発し商品化、販売を開始します。両社では今後、魚料理を手軽に食卓に取り入れていただくための取り組みを一層強化してまいります(URL:http://www.oisix.com/sc/osakana ※6/10 10時より公開)。
▲「丸ごと!のどぐろ炊き込みご飯のもと」

料亭や高級外食店向け…旬の魚を食品ロスにしない取り組み

 長期化する巣ごもりにより家庭内での調理の負担は高まり、「食事のマンネリ」や「家事疲れ」が顕在化しています。一方で市場では外食店向けの魚の仕入れが落ち込み、昨年春以降、前年同月比マイナスの状況が続いています※。
 豊洲漁商産直市場は、主に外食産業への水産品の卸販売を行っており、豊洲市場などでの市場買付に加え、全国各地の漁場から直接買付けることにより、中間流通を通さず鮮度の高い状態で提供できる独自の流通網を強みとしています。このたび、旬の高級魚が持つ価値はそのまま、家庭向けに商品化することで、食品ロスを減らしながらご家庭の食卓で魚を手軽においしく楽しんでいただくことを目的に、Oisixとの魚商品共同開発がスタートしました。
※水産庁「水産物消費の現状と 消費拡大施策について」 2021年3月

「魚なのに調理が手軽!」魚を敬遠するご家庭でも手軽に楽しめる商品に

 「魚を調理すると包丁やまな板、ゴミ箱が臭くなる」という課題を解決するため、鱗も内臓もエラも処理されたのどぐろ丸ごと1尾を炊飯器にセットするだけという手軽さを実現。また「骨があると子どもの食が進まない」と魚に苦手意識がある方のために「のどぐろのほぐし方」説明書や動画による調理過程を紹介、「忙しい日こそお魚」と思える試しやすさと、料亭やお店のような見栄えの仕上がりを両立しました。切り身ではなく丸ごと1尾を調理することで、苦手だった骨の周りはほぐし身では味わえないおいしさであることも体験でき、お子様への食育にもつながります。
▲炊飯器にセットするだけの手軽さ

▲炊飯器にセットするだけの手軽さ

▲魚のほぐし方も学べます

▲魚のほぐし方も学べます

商品概要

丸ごと!のどぐろの炊き込みご飯のもと

 白身魚のトロと言われるほどたっぷり脂がのっていて、食べたとき口に広がる濃厚なうまみが人気ののどぐろを丸ごと一匹使った、贅沢な炊き込みごはんのもとです。
 こっくりとした甘めのたれを一緒にお届けするので、味付けも簡単。エラと内臓とウロコを除去していますので、炊き込みごはんに最適です。ほっくほくののどぐろと甘いたれの炊き込みご飯です。
▲「のどぐろのほぐし方」説明書

▲「のどぐろのほぐし方」説明書

(調理方法)
1.のどぐろを解凍し、軽く水洗いします
2.研いだお米に添付のタレを入れたら、タレと水で2合分の目盛りまで水を加え、のどぐろを乗せて炊きます
3.炊きあがったら、のどぐろをお皿に取り出します
4.お皿の上で、ていねいに骨を取り除きます
5.ほぐした身に骨が残っていないか確認したら炊飯器に戻し、ササッと混ぜ込んだら完成です!
  価格:3〜4人前/1,618円(税込)
  販売期間:2021年6月10日10:00〜6月17日9:59
 販売URL: http://www.oisix.com/sc/osakana
25 件
〈 1 / 2 〉

関連記事