企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.06.23

腸活やフードロス削減で注目度が高まる、福島の伝統発酵食「三五八(サゴハチ)漬けの素 “358”」、関東近郊の伊勢丹各店舗でも取扱がスタート

東京近郊の伊勢丹15店舗において、6月15日(火)より販売開始が決定

一般社団法人東の食の会 (東京都品川区)が推進する「358プロジェクト」を通じて誕生した福島の伝統発酵食「三五八漬けの素 『358(サゴハチ)』」がこの度、関東近郊の伊勢丹15店舗において6月15日(火)より販売を開始することになりましたことをお知らせいたします。
三五八漬けの素 『358(サゴハチ)』
この度、伊勢丹各店で取り扱いが始まるのが「358(サゴハチ)生糀漬けの素」です。
本商品は糀のやさしい甘さと、素材をひき立てる旨みが特徴です。野菜のみならず、肉、魚、卵などあらゆる食材を、手間なく簡単に漬け込むことができます。漬け込むことで旨みが増したり、麹の力で腸活になるほか、傷みやすい生の食材を長持ちさせることができることから、食品ロスを削減する点でも今、注目されています。
また、漬け込む以外にも、そのままスープなどに入れ万能調味料として使えますので、汎用性が高いのも利点の一つです。とにかく手軽でメリットが多いということから料理研究家やシェフの間でも話題の商品です。

こうした背景もあり、この度、関東近郊の伊勢丹15店舗において、取扱が開始されることになりました。販売は6月15日(火)からを予定しており、下記店舗においてお買い求めいただけます。

「358(サゴハチ)生糀漬けの素」のいいところまとめ

・手間なく簡単にいろんな食材を漬けられる!
・麹の力でズボラ腸活として話題に!
・漬けることで食材が長持ち!食品ロスを削減!
・調味料として活用できる汎用性の高さ!

商品概要

358(サゴハチ)生糀漬けの素
商品名:358(サゴハチ)生糀漬けの素
内容量:100g
販売者:御稲プライマル株式会社
https://miine.co.jp/

取扱店舗一覧

伊勢丹新宿店
伊勢丹笹塚店
伊勢丹新高円寺店
伊勢丹仙川店
伊勢丹小石川店
伊勢丹北浦和店
伊勢丹石神井公園店
伊勢丹本八幡店
伊勢丹品川店
伊勢丹杉並桃井店
伊勢丹白金高輪店
伊勢丹藤沢店
伊勢丹武蔵境店
伊勢丹目白店
伊勢丹港南台店

358プロジェクト

358プロジェクト
福島の伝統発酵食である「三五八漬けの素」は、手作りで製造数も少なく、多くは地元の道の駅等でしか流通しておらず、県外で取り扱う事業者が少ないのが現状です。この「三五八漬けの素」を広めるため、福島の三五八メーカーと東の食の会が手を組んで統一のロゴを使用し『358ブランド』として展開するプロジェクトを行っています。現在、御稲プライマル株式会社、有限会社糀和田屋の2事業社が358商品を取り扱っており、販売店舗も少しずつ拡大中です。
▼358プロジェクトInstagramアカウント:https://www.instagram.com/sagohachijapanesepickle/
▼358プロジェクトWebサイト:https://358east.com/
17 件
〈 1 / 2 〉

関連記事