企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.06.26

SDGsシューレースブランド「shoeface」に待望の新作登場!ヴィンテージスカーフなどを4種類使用した「scarf MIX」シリーズが、6/25(金)に発売。

ヴィンテージや中古のスカーフ、古いものやB品とされる着物の反物、国内外の伝統生地などを使用して靴紐を作っているシューレースブランドshoeface。

ブランド開始時から人気のスカーフシリーズに、新ラインが追加されます!

これまでは1枚のスカーフから作られていましたが、今回のものは4種類のスカーフを使用。さらに個性の強い靴紐ができあがりました!
新ライン
スカーフはその特性上ただでさえ扱いが難しく、従来のスカーフシリーズも1点1点手作業で作られるため大量生産は叶わないものなのですが、それを1本につき2種類、1足分2本では計4種類のスカーフを使用します。

生地の厚み、密度などが違うものを組み合わせるのでより一層作業が複雑になりますが、確かな技術を持つ国内の職人さんの手によって1点1点丁寧に生産されています。

生地の組み合わせ、それから紐のペアリング。
どちらもこだわりを持ち完全なるイッテンモノとして、唯一無二で華やかなあしもとを創造します。
イッテンモノ
スカーフサイズによっては1足分には足りないのだけど、1本分ならとれる。
そういった生地の使い方をすることで残布も減って、無駄を最小限に抑えることも今回の新シリーズの目的としています。

shoefaceのSDGsへの取り組み

古い生地を使用することについては、本来の用途としての活用が難しいような汚れや傷みのあるものも、靴紐としてなら価値を見出すことができたりする。
また、ゼロから新しいものを作るよりも、今在るものを活用することで、少し地球にやさしい結果になると信じています。
新品生地については、ハギレを使用する、SDGsに取り組まれているところからの仕入れに限定するなど。また、微力ながら伝統のものを幅広く伝えたりするお手伝いをすることにもつながっていると思っています。
靴紐を替えることで、一つのスニーカーをより長く大切に使うことにもつながります。
パッケージングに関しては、地元の就労継続支援事業所との協業です。
詳細はshoefaceオンラインショップ内「OUR SDGs」https://shoeface.jp/pages/oursdgs にて。

「shoeface」https://shoeface.jp
古いスカーフや着物の反物、国内外の伝統的な生地などを「靴紐」としてリプロダクトしています。
小さかったり、汚れがあったり、傷があるものも、新しく価値のあるものに。
世界にひとつだけの靴紐が、あなたのスニーカーを新しく生まれ変わらせます。

有限会社リバティーインターナショナル
4re事業部
https://shoeface.jp
info@shoeface.jp
8 件

関連記事