企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.06.28

ジモティーを通じた地域内のリユースにより法人が所有する不要品の廃棄費用を削減し収益に変える実証事業第二弾を実施

オフィス移転に伴い不要になった家具を地域内でリユースし廃棄費用を削減

地域の情報サイト「ジモティー」(以下、ジモティー)を運営する株式会社ジモティー (本社:東京都品川区 代表取締役社長:加藤 貴博 以下、当社)は、法人が保有している廃棄予定の不要品をジモティーに出品し地域内でリユースすることで、廃棄費用を削減し収益に変える実証事業の第二弾を実施いたしました。第二弾では、株式会社リクシス(本社:東京都港区 代表取締役社長:代表取締役社長 佐々木 裕子 以下、リクシス)と連携し、オフィス移転時の不要品をジモティーへ出品し、無償または安価で提供いたしました。
業務提携

背景

当社は「地域の今を可視化して、人と人の未来をつなぐ」を経営理念に、地域情報サイトジモティーを運営しております。現在、月間1000万人以上の方にご利用いただいており、ここ数年で注目を集めているリユース分野においても、大型の家具や家電を中心に、必要なモノを必要な人へ届ける場を提供しています。

これまでジモティーでは、個人の方が不要になったモノやリサイクルショップなどの法人が地域の方向けに販売したいモノが主な出品物となっておりました。しかしながら、商品を販売していない法人においても、オフィス移転や、減価償却時期の到来に伴いまだ利用できるにも関わらず廃棄処分されてしまうオフィス家具や事務用品、専門機器などが多く存在しており、廃棄費用がかかることが課題となっておりました。今回の取り組みではまだリユースできるにも関わらず廃棄が予定されているオフィス家具等の不要品をジモティーに出品し、地域内で必要としている企業・個人に安価または無償で譲渡することにより、廃棄コストを削減し収益化させるだけでなく、地域内でのリユースを促進することが可能であると考えております。

第二弾として、当社と実証事業を行うリクシスは、コロナ禍においてリモートワークを推進したことによるオフィス縮小の計画があり、処分が必要なオフィス家具を多く抱えておりました。今回の連携では、地域内のリユースを加速することでオフィス移転時の廃棄コストを削減したいリクシスのニーズと、当社の理念が一致し実現にいたしました。

実証事業の内容

今回の連携では、リクシスがオフィス移転時に不要となり廃棄する予定であったオフィス家具を、当社のサポートの元、ジモティーに安価で出品しました。出品された商品は、株式会社リクシスが指定する場所での受け渡し、地域のなかでリユースされることとなりました。

出品されたオフィス家具

出品されたオフィス家具
当社では、今後も持続可能な社会の実現を目指し、企業の皆様がより不要品を簡単に地域の方々にお譲りできる取り組みを通して、リユース促進を強化していきます。ごみの削減やリユース促進を検討されている、全国の企業様(リサイクルショップ様や不用品回収業者様、廃棄在庫をお持ちの企業様)からのお問い合わせをお待ちしております。

株式会社リクシスについて

「『情報』と『つながり』で「幸せな長生き」を実現する」をミッションに、仕事と介護の両立支援プログラム「LCAT」、高齢者/シニア市場向けマーケティングリサーチ事業、親子をつなぐAIチャットボット「おせっかいネコ」を提供しています。
URL:https://www.lyxis.com/

株式会社ジモティーについて

「地域の今を可視化して、人と人の未来をつなぐ」を経営理念に、地域情報サイトジモティーを運営しております。現在、月間1000万人以上の方にご利用いただいており、ここ数年で注目を集めているリユース分野においても、大型の家具や家電を中心に、必要なモノを必要な人へ届ける場を提供しています
URL:https://jmty.jp/
13 件

Related