企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.07.06

バウムカウンセリングルームと名古屋銀行が業務提携!SDGsプロジェクト始動

SDGsを通しての社会貢献活動のための活動を本格始動。

特定非営利活動法人 バウムカウンセリングルーム(本社:愛知県名古屋市、理事長:笹谷寛道)は、株式会社名古屋銀行(本店:愛知県名古屋市、取締役頭取:藤原一郎)は2021年3月1日より、業務提携を行い、SDGsプロジェクトを開始。

2030年までに障がい・介護福祉業として障がい者、地域の方の住みよい街づくりに寄与し、従業員及びご利用者様の満足度の高いノンストレスな会社経営を目指してまいります。
SDGsプロジェクト

SDGsの達成に向けた取り組み

笑顔あふれる福祉サービスを

地域福祉の信頼ある担い手として、地域社会に貢献し、みんなの笑顔あふれる福祉サービスの向上に努め、日々新たな気持ちで活力ある経営を目指してまいります。
例:ご利用者様の意見を集約したCS向上活動により、質の高い福祉サービスを提供。
  従業員の絆を強める社内イベントを開催することにより、質の高い福祉サービスを提供。

環境対策

地球温暖化抑制のためフードロスの削減や、省エネ化のための取組を行い、人々の住みよい環境作りに尽力してまいります。
例:残飯等を肥料にし、野菜を作るために活用する。

地域社会貢献

名古屋地区を中心として東海地方の更なる発展のため定期的な清掃活動やボランティア活動に注力し、地域社会貢献に寄与してまいります。
例:ペットボトルキャップを回収し、ワクチンづくり等に貢献。

人権

従業員の働きやすい職場環境の生成や女性活躍社会を推進するための取組・制度を取り入れ、ダイバーシティ社会の一端を担う会社経営を目指してまいります。
例:えるぼし認定、くるみん認定、あいち女性輝きカンパニーの認定の取得。


上記取り組みを通じて、SDGsの目的でもあるこの地球で暮らし続けられる「持続可能な世界」を実現するため社会の課題とSDGsとの繋がりを知り、「何をしたらいいのか」「どんなことができるのか」を社員一人一人が考え行動できる組織体制を構築してまいります。


特定非営利活動法人バウムカウンセリングルームについて
(URL: http://baum16.com/)

理事長:笹谷寛道
住所:愛知県名古屋市西区香呑町6-68 七福ビル2F
設立:2007年12月

障がい福祉事業を中心とした共同生活援助や就労継続支援B型、宿泊型自立訓練施設、放課後等デイサービスなどを通じて障がい者の方々の居場所や働く場所の創造に取り組んでいます。また、今まで培ったノウハウを元に社内イベントの運営企画や、障がい者施設の設立支援などの業務も展開しています。

お問い合わせ先:特定非営利活動法人バウムカウンセリングルーム 052-521-2334
(営業時間 9:00〜18:00 土・日を除く)
11 件

関連記事