企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.07.08

東京都渋谷区とウォータースタンド株式会社 6/22(火)プラスチックごみ削減の推進に係る協定を締結

マイボトル利用の普及促進を図り、ペットボトル等の使い捨てプラスチック製品の使用抑制及びプラスチックごみの削減を推進します。

水道直結ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:本多 均、以下当社)は、2021年6月22日(火)、東京都渋谷区(区長:長谷部 健)と「プラスチックごみ削減の推進に係る協定」を締結したことをお知らせいたします。
「プラスチックごみ削減の推進に係る協定」を締結

渋谷区長 長谷部 健様 コメント

本協定により、区内各所に給水スポットが設置されることで、使い捨てプラスチックの削減や環境に対する意識啓発につながることを期待しています。 ウォータースタンド株式会社との取り組みをはじめ、渋谷区はマイボトルの普及やプラスチックごみの削減により一層取り組んでまいります。

ウォータースタンド株式会社 代表取締役社長 本多 均 コメント

日本国内で出荷されているボトル入り飲料水は年間約250億本に上ります。ウォータースタンド株式会社はそのうちの30億本を2030年までに削減することをミッションに掲げています。使い捨てプラスチックボトルを削減することは海や陸に流出するマイクロプラスチックによる環境汚染の抑止だけでなく、気候変動の原因である二酸化炭素を主とする温室効果ガス削減にも貢献できます。
渋谷区の様々な場所で給水できる場所が広がることで区民の方だけでなく渋谷区を訪れる方にもマイボトルを持ち歩いて頂けるよう、本日の協定締結が契機となれば幸いです。

協定の概要

地球規模での海洋汚染及び地球温暖化をもたらしているペットボトル等のプラスチックごみ問題の解決に向け、同区と互いに連携・協力し、マイボトル利用の普及促進を図り、ペットボトル等の使い捨てプラスチック製品の使用抑制及びプラスチックごみの削減を推進します。

渋谷区における使い捨てプラスチック削減に向けた取り組み

渋谷区では、深刻化する環境課題解決に取り組むため、2016(平成28)年10月に策定した「渋谷区基本構想」において示す区の将来像を環境面から実現していくための計画として、2018(平成30)年3月に「渋谷区環境基本計画2018」を改定、区民等(区民、就業者、買い物で訪れる人々等を含む)、事業者、区の各主体が一体となって環境施策に取り組んで来られました。
2021(令和3)年4月には、「渋谷区地球温暖化対策実行計画2021【事務事業編】」を策定され、温室効果ガス(二酸化炭素)削減への具体的な施策として、マイボトルなどの持参による過剰なプラスチックの使用抑制を推進しています。本協定の下、区民が利用できる給水スポットを広く設置することで、当社は渋谷区の取り組みを後押しします。
渋谷区における使い捨てプラスチック削減に向けた取り組み

給水スポットの整備について

渋谷区の本庁舎1階フリースペース、リフレッシュ氷川地下1階のほか、区施設に水道直結式のマイボトル対応型給水機を設置し、給水スポットとして開放していきます。

当社が取組む「ボトルフリープロジェクト」

水道直結ウォーターサーバー「ウォータースタンド」は、いつでも安全安心な飲料水が使える利便性の高さと、運搬や使い捨て容器を必要としないエコな給水システムが支持され、子育て世帯を中心とした個人宅や、SDGs達成に取り組む法人、大学などに支持されています。
当社の「ボトルフリープロジェクト」は、誰もが安全安心な飲料水にアクセスでき、環境負荷も少ない給水スタンドを整備し、マイボトル活用を推進するものです。
本活動を通じて、使い捨てプラスチック削減・CO2排出抑制による気候変動の緩和と、水分補給による熱中症などの被害・健康増進による気候変動への適応の両立を実現します。この取り組みへの協力を様々な組織・団体等に呼びかけながら、同様の取組みを日本全国に拡大していきます。
18 件
〈 1 / 2 〉

関連記事