企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.07.11

千葉大生が環境・SDGs啓発を目的にマイストローをデザイン

京葉銀行本部と大学内で利用促進

国立大学法人千葉大学の環境ISO学生委員会(以下、学生委員会)と株式会社京葉銀行(以下、京葉銀行)は、2017年度より協同でecoプロジェクトを実施しており、SDGs達成に向けた取り組みを行っています。学生委員会がデザインしたマイストローの利用を広め、環境への意識を高めるとともに、プラスチックごみの削減によりSDGs達成を後押しします。

マイストロー利用促進企画について

経緯:ecoプロジェクトには、行内の省エネ・省資源を推進する「京葉銀行エコチャレンジ」という企画があります。2019年度までは紙使用量の削減に取り組み、2020年度からはエコグッズの利用促進を企画してきました。

目的:マイストローの利用により、個々の身近な取り組みがSDGs達成につながることを実感していただくととともに、環境への意識向上に貢献します。

販売について:学生が「SDGs Action」とデザインしたマイストローを、京葉銀行本部内で行員向けに販売するイベントを実施するほか、千葉大生向けには西千葉キャンパス内の大学生協で販売します。

<販売場所・販売個数>
行員対象:2021年7月9日(金)11:00~ 京葉銀行千葉みなと本部9F  100個
学生・教職員対象:2021年7月9日(金)8:30~  千葉大学生協ライフセンター  90個
「SDGs Action」というキャッチフレーズと学生委員会のマスコットの“いそちゃん”がデザインされている。

「SDGs Action」というキャッチフレーズと学生委員会のマスコットの“いそちゃん”がデザインされている。

<商品仕様>
ポータブルステンレスストロー
仕様:ケース…約φ16×H106mm
ストロー…全長210mm、洗浄ブラシ付
ポータブルステンレスストロー

企画を担当した学生の声(国際教養学部3年 松林奈緒)

前回は、京葉銀行が取り組んでいる「サンクスカード」で表彰された行員の方への記念品として、学生委員会がデザインしたマイボトルを贈るという企画を担当させていただき(※)、今回はより多くの方々に対する企画として、マイストローの制作を京葉銀行と行いました。デザインはSDGsへの取り組みを促すキャッチフレーズと学生委員会のマスコット「いそちゃん」を取り入れたものになっています。多くの行員の方や学生たちにマイストローを使っていただくことで、プラスチックごみの削減とSDGsの意識向上に繋がればと期待しています。
ケースに入れて持ち歩ける

ケースに入れて持ち歩ける

「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」について

千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト
千葉大学と京葉銀行は2012年に包括連携協定を結んでおり、千葉大学で環境活動を主体的に担っている環境ISO学生委員会と京葉銀行が協同で、2017年から「ecoプロジェクト~7色の虹を千葉から未来へ」を実施しています。本プロジェクトでは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、まずは「地域の環境負荷削減と環境意識向上に貢献したい」という想いで、京葉銀行の行員や取引先企業、地域住民、千葉大学の学生などを含めた千葉県内の多くの方々を対象に、環境意識の啓発活動を実践しています。
公式サイト  https://www.keiyobank.co.jp/ir/eco_project/

本件に関するお問い合わせ

​国立大学法人千葉大学 環境ISO事務局 TEL:043-290-3572
京葉銀行 経営企画部 広報グループ TEL:043-306-8065
14 件

Related