企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.05.07

SDGsを自分ゴト化する!神奈川県版SDGsボードゲームプロジェクトをクラウドファンディングで実施

2021年5月10日(月)に未来技術推進協会より、クラウドファンディング「CAMPFIIRE」にて神奈川県版SDGsボードゲーム作成プロジェクトを始動します。 実際の神奈川県のSDGs取り組み事例を知ることで、SDGs達成のための活動を自分ゴト化することを目標としています。

SDGsボードゲームふるさと版の第2弾として、クラウドファンディング「CAMPFIRE」にて神奈川県版のボードゲームプロジェクトを始動します。
本プロジェクトの大きな狙いは以下の2つです。
①神奈川県内で取り組んでいるSDGsの事例を学ぶボードゲームを作成すること。

②作成したボードゲームを活用して『SDGsを自分ゴト化するワークショップ』を神奈川県内の子どもたちに提供すること。
本プロジェクトで作成するボードゲームは従来の協会オリジナルボードゲーム「Sustainable World BOARDGAME」をベースにしています。

従来のボードゲームはすごろくのように日本中を回りながら、止まったマスに応じたSDGsの取り組み事例を学び、SDGsの各課題を達成していくものでした。
今回作成する神奈川県版のボードゲームは基本的なルールや難易度は変えず、SDGsの取り組み事例を神奈川県内の企業・行政・NPO等で実施しているものに限定する予定です。

また、マップも神奈川県のマップに変える他、ボードゲームの素材はすべて神奈川県内で作成します。
神奈川県は「いのち輝く神奈川」の実現に向けて、SDGsの推進に積極的に取り組んでおり、2018 年には【SDGs未来都市】および【自治体SDGsモデル事業】に選定されました。

また、神奈川県内 33 市町村のうち 5 都市(鎌倉市、川崎市、小田原市、相模原市)がSDGs未来都市に設定されており、多様な事例が存在します。
ボードゲームを通して、SDGsについて学ぶことそのものがSDGs達成のための活動であるということに気づいてほしいという想いはもちろん、子どもたちがゲームをプレイすることで、自分を含めた個人がかけがえのない存在であることを認識してほしいという想いで、本プロジェクトはスタートしました。
地元の取り組みを知ることで、難しいと感じたSDGs達成のための取り組みを身近なこと、自分ごととして考えるきっかけとなります。

なお、クラウドファンディングは2021年5月10日(月)に公開予定です。

同時にオンラインでボードゲームの体験会も開催予定であり、詳細は追って弊協会のホームページより公開いたします。

未来技術推進協会オリジナルボードゲーム「Sustainable World BOARDGAME(※)」

すごろくのように日本中を回りながら様々なミッションにチャレンジし、SDGsの達成を目指します。
多くの活動事例に触れながらプレイヤー間で協力することで、SDGsへの理解を深めることができます。
※ 商標登録取得済み
ボードゲームの特徴
・SDGsに関する事業の取り組みをたくさん学べる
・他のプレイヤーと協業することで、協力の大切さを学べる
・ゲームを通して、楽しくSDGsの理解できる
2つのゴールを達成しよう!
・SDGsの各17目標のスコアを10にする
・自身の所属団体をランクアップさせる
2020年3月9日(月)に、ソーシャルプロダクツ・アワード2020「ソーシャルプロダクツ賞」を受賞しました。
https://future-tech-association.org/2020/03/09/sustainable_world_boardgame_socialproductsaward_2020/

団体概要

一般社団法人 未来技術推進協会
代表理事:草場壽一
所在地:東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル12階
事業内容:講演会やアイデアソン等の交流イベントの開催。SDGs関連の学校・企業向け研修。システム案件の受注。
URL:https://future-tech-association.org/

お問い合わせ先

一般社団法人 未来技術推進協会
代表理事:草場壽一
所在地:東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル12階
事業内容:講演会やアイデアソン等の交流イベントの開催。SDGs関連の学校・企業向け研修。システム案件の受注。
E-mail:info@future-tech-association.org
URL:https://future-tech-association.org/
7 件

Related