企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.07.13

Re.Ra.Ku 制服をリニューアル!メディロムのSDGs、ジェンダーフリーの実現へ

人々の健康をサポートするセラピストが自分らしく、最高のサービス提供ができるように

株式会社メディロム(本社:東京都港区、代表取締役:江口 康二、米国Nasdaq上場 NASDAQ: MRM 以下「当社」)の子会社(株式会社ベル・エポック・ウェルネス)が運営するリラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku 」を中心に全国に展開するグループ店舗でセラピストの制服のリニューアルをすすめます。
これからの未来に合わせて、当社で働く全てのセラピストが着用が可能なジェンダーフリーを意識した制服にリニューアルしていきます。
ジェンダーフリー

1.制服リニューアルの背景

世界経済フォーラム(World Economic Forum)が公表している「Global Gender Gap Report 2021」※1では、日本のジェンダーギャップ順位は156ヵ国中120位となっています。主要7カ国(G7)では最下位となっており、日本は世界で比べても男女格差から抜け出せていない状況になっていることが分かります。
当社は、2020年末にNasdaq市場に上場をし、グローバル企業として歩み始めました。
持続可能な開発目標(SDGs)において掲げられている“ジェンダー平等を実現しよう”の達成を当社が考えた時に、まずは店舗で働くセラピストから実現に向けて動き出すことが必要だと考え、リラクゼーションスタジオ Re.Ra.Ku での制服リニューアルから実施する運びとなりました。

※1「Global Gender Gap Report 2021」とは、各国における男女格差を測るジェンダー・ギャップ指数(Gender Gap Index:GGI)を発表しているもので、経済、政治、教育、健康の4つの分野のデータから作成されています。
制服リニューアル

2.ジェンダーフリーを意識した新制服の特徴

多様化している時代だからこそ、”様々な背景を前向きに捉えて欲しい”という想いから、ジェンダーフリーを意識し、CLP(ケア・ライフ・プランナー)の声から課題を集め、以下、3つのポイントで制服のデザインを致しました。

(1)多様化・男女の区別を無くし、カラーの統一をしています
・4パターンのサイズ展開で、自分に合わせた着用を可能にしました
(2)デザイン性
・どんな人、どんな光にも調和するベージュを起用しています
・全ブランドの展開を踏まえ、どのブランドにも適用できるデザインにしています
(3)機能性
・速乾性の良い素材を使用し、洗濯をしても乾きやすい素材にしています
・生地は薄手でありながら、透けにくい素材にしています

実際に働くCLPの声を集め、これからの未来に合わせて着用しやすいデザインにしました。
“ 自分らしく、毎日が弾む ”をコンセプトにブランドとして統一性がありながら、選択できるように致しました。

3.健康のスペシャリストセラピスト CLP(ケア・ライフ・プランナー)について

当社は、リラクゼーションスタジオで働くセラピストをCLP(ケア・ライフ・プランナー)と呼んでいます。
CLPは「心」と「身体」の悩みを緩和するために提案をするプランナーです。
ケア・ライフ・プランナー
一時的な疲れの緩和や、癒しを提供するだけでなく、日頃の疲労を撃退し、長期的に疲れにくい身体にしてくことを目的としています。CLPは健康をサポートするスペシャリストとして、お客さまに健康管理サービスを通じて、感動と笑顔を与えていきます。
新制服にはCLPの誇りを込めて、刺繍のデザインがされています。
新制服にはCLPの誇りを込めて、刺繍のデザインがされています
22 件
〈 1 / 2 〉

関連記事