企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.07.20

4人に1人が食にまつわる社会問題に「罪悪感を感じる」と回答。家庭の食卓にもエコやサスティナブルのニーズが高まる兆し

マルコメ×スナップディッシュ「ギルトフリープロジェクト」、長期化するコロナ禍の食生活と罪悪感に関する調査結果を発表。

 料理写真共有アプリ「SnapDish(以下、スナップディッシュ)」を運営するヴァズ株式会社(事業所:東京都武蔵野市、代表取締役:舟田 善)は、料理好きな20代~60代のユーザーを対象に「外出自粛期間中の食生活」について調査を行った結果を以下にお知らせします。
 本調査は、マルコメ株式会社(以下、マルコメ)が提供する、たっぷり食べても罪悪感のない「ギルトフリー商品」のモニターキャンペーン及び投稿キャンペーン参加者を対象に行いました。「ギルトフリー」とは、”罪悪感のない”料理や食材を意味するワードです。
 調査結果では、食にまつわる健康への罪悪感に加え、4人に1人がフードロスや環境負荷といった社会問題への加担にも罪悪感を感じていることがわかり、家庭の食卓でもエコやサスティナブルのニーズが顕在化しつつあると見ています。

コロナ禍前後で約4割が食事への罪悪感が「増えた」と回答、25%が「社会問題への加担」にも罪悪感

本調査で、コロナ禍前(2020年2月以前)と比較した「食事への罪悪感」について聞いたところ、41%が「増えた」回答。昨年5月調査の55%より14pt減少しましたが、依然として平常時に比べ罪悪感を覚える人が多い結果となりました。
また、罪悪感を感じる対象について聞いたところ、「特に罪悪感を感じない」人は3%にとどまり、97%が何らかの罪悪感を感じていることがわかりました。カロリー、糖質、脂質、塩分過多などに罪悪感を感じる人は半数以上を占め、健康志向の高まりとともに「食生活への罪悪感」が顕在化しています。
一方で、4人に1人はフードロスや環境負荷などの社会問題への加担にも「罪悪感を感じる」と回答。SDGsに対する関心や意識も、家庭の食卓に広がってきていると見ています。
食事への罪悪感

68%がSDGsについて「知っている」、30%が「大豆ミート」のSDGs貢献について「知っている」

SDGsについて聞いたところ、SDGsを「知っている」⼈は68%、「聞いたことがある」人を含めると83%に上りました。また、「⼤⾖ミート」が環境負荷軽減や飢餓撲滅の点でSDGs達成に役立つといわれていることについて、30%が「知っている」と回答、「聞いたことがある」人を含めると70%に上る結果となりました。
SDGsについての調査
上記設問の回答後、大豆ミートがもたらすSDGsの貢献内容を確認した回答者からは、大豆ミートについて「興味が湧いた」「これから取り入れたい」「(使用頻度を)さらに増やしたい」などのポジティブな回答がそれぞれ3割以上を占め、これら3つのうちいずれかを回答した人は全体の83%に上りました。
大豆ミートがもたらすSDGsの貢献内容

家庭の食卓にもエコやサスティナブルという価値基準が浸透、エシカル消費の兆し。

「大豆のお肉」の購買意向を確認したところ、SDGsについて「知っている」人のうち、42%が「大豆のお肉」を「常備したい」と回答。今後、SDGsやエシカル(倫理的な)消費の理解が広まることで、食にまつわる消費行動にもエコやサスティナブルといった価値基準が浸透していく傾向にあると見ています。
「大豆のお肉」の購買意向

マルコメ「大豆のお肉」を使った「ギルトフリー料理」に関する声(※一部抜粋)

・⾷べることが好きなので「大豆のお肉」を使うことがSDGsにつながり、未来の地球のために役に⽴っていると実感できて⾊々考えさせられました。
・「ギルトフリー(商品)は使いづらい?本当に美味しいの?使い⽅がわからない」という⽅はまだまだ多いと思います。環境にも家族の身体にも、そしてお財布にもやさしいギルトフリーを皆で広めていけたらと思います。
・とても楽しくかつヘルシーに、地球にも環境にもやさしく取り組めたことがとても良い経験になりました。
・世界の⾷糧難や⾷糧危機の軽減のために⾁を摂らない選択をする⼈が増えている中、⾖や穀物を合理的に摂取することは⼤切だと思う。また、身体に良いという⾯でも「大豆のお肉」をおすすめできると思った。
・地球環境のためにも、マルコメさんのように大豆製品が人類を救うことを広めていただきたいです。
・美味しさや利便性だけでなく、健康的で身体的に優しく、環境にも配慮した商品を作って下さり素晴らしいです!毎日の食事やお菓子に取り入れやすいものばかりなので今後も利用していきたいです。
・ひとりでも切り替える人が増えたら、ひとりひとりの健康も環境も、草の根的にでも変わっていくと思う。
・「大豆のお肉」の下味付きは、お腹がすいているときのおやつ、おつまみに、そのままつまんでしまうくらい好きです。SDGSの取り組みも一人一人の力で地球を守りたいと思っています。
30 件
〈 1 / 2 〉

Related