企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.07.25

野畑配水場で水力発電~水道水の流れを利用した環境にやさしいエネルギー~

未利用の再生可能エネルギーを有効利用するため、野畑配水場に小水力発電設備を設置しました。

豊中市上下水道局は、未利用の再生可能エネルギーを有効利用するため、野畑配水場に小水力発電設備を設置し、7月15日(木)から本格稼働しました。
小水力発電設備
 同設備は、大阪広域水道企業団の千里浄水池(箕面市船場東)から野畑配水場(豊中市西緑丘)の配水池まで流れてくる水の勢いを利用して発電するもので、想定年間発電量は233MWh。年間約82トンのCO2(二酸化炭素)削減を見込んでいます。
20 件
〈 1 / 2 〉

Related