企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.07.28

SDGsに通ずる新たな付加価値の水産物を活用した商品開発を企画。

共同開発、またはOEM生産にご協力して頂ける水産仲卸業者様、水産加工会社様、食品メーカー様を募集致します。

BLUE FORUMでは環境・社会に配慮しSDGsに通ずる新たな付加価値を持った水産物を取り扱っております。
この度はそちらの水産物を活用した新しい付加価値の水産加工商品開発を企画しており共同開発、または
OEM生産にご協力して頂ける水産仲卸業者、様水産加工会社様、食品メーカー様を募集しております。
SDGs×漁業
BLUE FORUM-ブルーフォーラム‐コンセプトページ
https://fe-smart-oil.com

株式会社Fuel Efficiency(東京都日本橋 代表取締役 岡田康成)は環境配慮型の船舶用エンジンオイル
「SMART OIL」(以下:スマートオイル)を販売している会社です。
日本の漁船を対象に販売を開始して以来、全国の漁師のお客様方に広くお使い頂いております。
そして、上記に付随しスマートオイルをお使い頂く漁業者が参加するプラットフォームの運営も行っております。(以下:ブルーフォーラム)
ブルーフォーラムは環境・社会貢献などSDGsに繋がる取り組みを通し『新たな漁業のジャパンブランド』構築を目指す漁業者プラットフォームです。
現在全国約300名近くの漁業者メンバーにご参加頂いております。

取り組み

1.スマートオイルをお使いいただく事によるCO2含め温室効果ガスの削減とフードロスや海洋プラスチック 問題など更なる環境・社会課題への一括アプローチ
2.メンバー漁業者の獲った水産物の産直販売インフラ構築
3.漁業のIT・DX化
4.他業種企業・NPO誘致によるイノベーションの喚起

ブルーフォーラムでは、メンバー漁業者の獲った水産物の産直販売に取り組んでおり、環境、社会に配慮し
SDGsに通ずる新しい付加価値を持った水産物をご提案させて頂いております。
そしてこの度、そちらの水産物を活用した新しい付加価値の水産加工商品開発を企画しており共同開発、または
OEM生産にご協力して頂ける水産仲卸業者、様水産加工会社様、食品メーカー様を募集しております。
また開発した商品はコンビニエンスストア、大型量販店での販売に向け現在協議中です。

漁業の現状

現在弊社が携わる日本の漁業は大変厳しい立場にあります。
燃油価格の高騰、水産資源の減少、従業者問題、戦後100万人いた漁業従業者数は現在では約17万人まで減少、8割以上が60歳以上と高齢化しています。
また気候変動の影響により海水温の上昇、海の酸性化や水産資源の減少など漁業を営む環境も大きな影響を受けています。
しかし本来であれば水産物需要の高まりから漁業は世界的に成長産業であり、豊かな海洋環境に恵まれ、ポテンシャルが高いにも関わらず日本の一国負け状態です。

今後、日本の水産業発展のためにも、まずは生産者を守らなければなりません。
またコロナ禍を皮切りに他の業界と同じように漁業でも大転換期を迎えています。
そういった状況の中、ブルーフォーラムでは生産者を守るため、既存の流通のみではなく、生産者からの直売流通を確立し現場の収益の改善に繋げます。
現在上記の流通インフラ構築のため国内水産商社、仲卸や量販店など多くのステークホルダーの皆様と取り組みを進めており、香港をはじめとした海外販売やEC販売、国内販売においては豊洲の仲卸業者様等への販売を開始しております。

またブルーフォーラムでは上記のインフラや作業を専用のプラットフォームサイトで完結させ、加えてITを導入した操業の効率化、資源のデジタル管理、流通の最適化システム、漁業現場のDX化もIT会社と協業で開発に取り組んでおります。
その他エンドユーザーへの発信と鮮魚売買による「目に見える漁業」の実施、将来的には未利用魚といわれる従来廃棄される対象であった水産物活用によるフードロス問題やブルーフォーラム全体での海洋プラスチック問題への取り組みに繋げていく予定です。

今後、水産業に携わる多くのステークホルダーの皆様と協力しながら持続可能な漁業を実現できればと思っております。
漁業従事者
改めまして、この度BLUE FORUMの水産物を活用した新しい付加価値の水産加工商品開発を企画しており
共同開発、またはOEM生産にご協力して頂ける水産仲卸業者、様水産加工会社様、食品メーカー様を募集しております。
詳細も含め、下記の弊社HPからお気軽にご連絡頂ければ幸いです。
10 件

Related