企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.07.31

道路空間における賑わいや荷捌き等の状況をエッジAIカメラで自動計測・評価

ウォーカブルなまちづくりの推進に向けて

株式会社オリエンタルコンサルタンツ(代表取締役社⻑:野崎秀則)とIntelligence Design株式会社(代表取締役社⻑:中澤拓二)は、エッジAIカメラ「IDEA counter」※を活用し、道路空間における賑わいや荷捌き等の状況をモニタリングする実証実験を神戸市三宮で開始しました。
※「IDEA counter(Intelligence Design開発)」は、AI画像認識・IoT端末を利用しカメラ画像から人や車両などを計測するカメラソリューションです。

この実証実験は、ウォーカブルなまちづくりの推進を目指して、道路空間における歩行者の属性別通行量、滞在時間、沿道施設へのアクセス状況、路上駐停車の場所と時間などを自動計測し、道路空間上での賑わいの状態や荷捌き等の駐停車需要についてエッジAIカメラを用いてオンライン上でリアルタイムに把握・評価するものであり、7月25日(日)から神戸市三宮の葺合南54号線で開始しました。この取り組みは、道路上で行われている人や車の各種活動の計測の自動化を通じて、道路空間を客観的かつ定量的な指標に基づいて評価していく試みであり、ウォーカブルなまちづくりの評価や道路空間の柔軟な使い方の検討に反映し、スマートシティの実現に寄与していくものです。

今後も両社は、試行実験の結果をふまえつつ、賑わい等の評価指標の自動計測を開発・ 高度化し、まちづくりにおけるDXを推進することで、多様なニーズに応える道路空間や人中心の賑わい空間の実現を支援していきます。

製品概要

【1】移動体にも簡単に設置可能

「IDEA counter」は携帯電話同様セルラー方式の通信を利用している為、乗り物等の移動体にも設置可能です。サイズもコンパクトかつ軽量なため、限られた空間でも簡単に設置し、端末の設定をするだけでご利用いただけます。これらの特徴を活かし、スピーディーかつ低コストな実証実験を実施いたします。

【2】豊富な画像解析AIモデルで要望に幅広く対応可能

豊富な画像解析AIモデルをご要望に合わせて提供が可能なため、通行者数、属性推定、持ち物推定、侵入検知、マーケティング、接客支援、防犯等幅広く活用いただけます。AIやIoTが注目される中、当社では各自治体や企業様の掲げるスマートシティ構想への参画や商業施設への導入を進めています。再開発が進む渋谷でも渋谷センター商店街振興組合様協力のもと、センター街へ設置し、マーケティングデータとしての活用やキャッチセールス、落書きなどの悪質行為の抑制に役立たせられるよう取り組んでおります。

【3】個人情報に配慮した設計

取得したデータはエッジで映像を取得し解析を行います。利用したデータは個人情報を含む為、解析後削除し、個人データは蓄積することなく、安心してご利用いただけます。解析したデータ(人数、属性等)はクラウドでご確認いただくことが可能です。

当社は、今後も集約 ・蓄積された実験結果やノウハウを活かし、当該サービスを通じて各地域の地域活性化、地方創生を支援します。
「IDEA counter」を利用した通行量等の調査を行われたい団体の方のご連絡をお待ちしております。
(お問い合わせ先:contact@i-d.ai)

AI画像認識技術に強みを持つIntelligence Design

Intelligence Designは「AIを中心とした先端技術を社会実装する」ことをテーマに2018年5月に事業を開始。 AI関連技術は世の中に広く認知されるようになった一方で、その技術を利用した社会実装はまだまだ進んでいないのが現状です。そこで、だれでも、簡単、かつリーズナブルにAI関連技術を使えるサービスとして「IDEA(イデア)」シリーズを開発。社会課題をテクノロジーで解決することで、持続可能な社会の構築、UDX(アーバンデジタルトランスフォーメーション)の促進を目指します。

企業情報

会社名 :Intelligence Design株式会社
代表者 :中澤 拓二
事業内容:先端技術の社会実装事業
設立 :2018年5月
本社 :東京都渋谷区神宮前
URL :https://i-d.ai

会社名 :株式会社オリエンタルコンサルタンツ
代表者 :野崎 秀則
事業内容:公共施設等の社会基盤整備事業及びこれに関連する事業の企画・調査・測量・ 計画・設計・管理並びに評価・診断・提案・指導等
設立 :昭和32年12月24日
本社 :東京都渋谷区本町
URL :https://www.oriconsul.com/
12 件

Related