企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.08.05

クラダシとSBロジスティクスが事業提携~物流業界で発生する様々なロスの削減に取り組む~

社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営する株式会社クラダシと、SBロジスティクス株式会社は、余剰在庫を有効活用した「ロス」の削減を目的に、事業提携いたします。

社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営する株式会社クラダシ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:関藤竜也)と、SBロジスティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:冨澤文秀)は、余剰在庫を有効活用した「ロス」の削減を目的に、事業提携いたします。
クラダシとSBロジスティクスが事業提携

事業提携の内容

SBロジスティクスが保管する商品群の中から、商品自体に問題はないが出荷に至らずロスになる商品をクラダシが買い取り、社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」にて販売し、「ロス」となる商品を再流通。さらに、KURADASHIの倉庫に入れ直すことなく、SBロジスティクスから直接配送が可能となるため、CO2の削減にもつながります。
事業提携の内容

事業提携の背景

これまで日本では、生産拠点や小売店舗を中心に、賞味期限の切迫や季節商品、パッケージの汚れやキズ、自然災害による被害などの要因で多くのフードロスが発生しています。
クラダシは、上記のような消費可能ながら通常の流通ルートでの販売が困難な商品を買い取り、社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」で販売することで、食品を中心に「ロス」の削減を推進してきました。

一方で、物流業界においても、入出荷作業中の事故や破損などで消費者へ販売できなくなった食品や化粧品など数多くの商品が、出荷に至らず廃棄されています。また、それらの中には、実際の品質には問題がない商品が多く含まれています。

こうした状況を受けて、クラダシとSBロジスティクスは事業提携を決定しました。SBロジスティクスを利用して商品を管理している通販事業者に対して、一次流通に載せられなくなった余剰在庫の販売先として、社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」の活用を促進し、食品に限らない様々な「ロス」の削減に取り組んでまいります。


クラダシは今後も、ソーシャルグッドカンパニーとして社会課題の解決を目的とした社会性、環境性、経済性に優れた活動を続け、フードロスをはじめとした様々な「ロス」の削減を推進してまいります。

社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」について

KURADASHI(https://www.kuradashi.jp/)は、フードロス削減への賛同メーカーより協賛価格で提供を受けた商品を最大97%OFFで消費者(会員)へ販売し、売り上げの一部を社会貢献活動団体へと寄付する日本初・最大級の社会貢献型ショッピングサイトです。環境保護や動物保護の団体、クラダシ基金など、様々な団体を支援しています。

SNS公式アカウント

2021年3月末現在の主な累計実績

・フードロス削減数:11,985トン     ・経済効果:37億1,530万円  
・CO2削減数           :30.85t-CO2     ・寄付総額:60,194,680円
19 件
〈 1 / 2 〉

Related