企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.08.08

トライアルホールディングス×福岡県宮若市×九州大学産官学のまちづくり「リモートワークタウン ムスブ宮若」プロジェクト 日本最大の「リテールDX(小売のIT/AI化)」の最先端基地を開設

7月30日(金)より第1回宮若国際芸術トリエンナーレ『TRAiART』も開催 「アート」「イノベーション」「リテールAIビジネス」を中核とした新しい形の地域創⽣・事業活性化を実現

 IT・AI技術で小売流通DXを目指す株式会社トライアルホールディングス(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:亀田 晃一、以下トライアル)と、福岡県宮若市(市長:有吉哲信、以下宮若市)および九州大学は、産官学協働で推進するリテールDXを軸にしたまちづくり「リモートワークタウン ムスブ宮若」プロジェクトを7月29日(木)より本格始動いたします。
(左より、宮若市議会 遠藤議⻑、九州⼤学 ⽯橋総長、トライアルホールディングス亀田代表、宮若市 有吉市長)

(左より、宮若市議会 遠藤議⻑、九州⼤学 ⽯橋総長、トライアルホールディングス亀田代表、宮若市 有吉市長)

 「リモートワークタウン ムスブ宮若」は、リテールAI企業のトライアルと宮若市が協働して推進する地方創生・まちづくり構想です。産官学による『リテールDXの拠点づくり』を目指し、リテール企業とメーカー共同で実証実験を行います。また、既成概念にとらわれず自由に発想する「アート思考」を取り入れたイノベーションを誘発する仕組みを設けることで、よりスピード感のある開発を実現し、日本のリテールDXの最先端基地を目指しています。

 この度、ムスブ宮若ではトライアルグループが提供するスマートショッピングカートをはじめとしたデバイス開発センター「トライアルIoTラボ」と、トライアルのIT技術者とお取引先のAIエンジニアが共同でリテールAI の開発を行う「ムスブAI」を開設します。さらに、九州⼤学・宮若市・トライアルの産官学連携によるアート×イノベーション× Retail AIビジネスをキーエンジンとした新しい形の地域創⽣・事業活性化のスタートアップイベント「第1回宮若国際芸術トリエンナーレ」を7月30日(金)より開催いたします。

 今後は、アパレル・ホームファッションにおけるモノづくり・販売・接客を、最新のテクノロジーを活用し全く新しい形のビジネスモデルとして構築するためのクリエイティブなアートラボ「MEDIA BASE」や、「ドリームホープ若宮」で取り扱う農家の食材を使用したレストランの複合業態である農家レストラン「グロッサリア」、温泉旅館などを備えた複合型施設「宮若虎の湯、古民家煉り、颯香亭」なども順次開設予定です。弊社は「IT・AIテクノロジー」、「ゆたかな自然」、「アクセスのよさ」の3つをかけ合わせて、ニューノーマルの世界に求められる「快適な距離感」の実現を目指し、宮若市で新しいまちづくりを進めてまいります。

宮若市を日本のシリコンバレーへ

「リモートワークタウン ムスブ宮若」プロジェクト記者発表会の第三部「Retail AI 事業戦略発表会」にて株式会社Retail AI 代表取締役社長 永田洋幸よりプレゼンテーションを行いました。
株式会社Retail AI 代表取締役社長 永田洋幸よりプレゼンテーション
「宮若市を世界初のリテールテックの街にしていくという大きなビジョンを掲げ推進している、このプロジェクトにおいて、私は、宮若市を日本のシリコンバレーのようにイノベーションが創出される場所として機能させたいと思っています。弊社の本社所在地である福岡市に近く自然豊かな宮若市は、社会課題の解決に挑むクリエイティブなアイデアを引き出すのに適切な場所です。ここに日本各地からAIエンジニアの方々に集結して頂き、日本のリテールDXを加速させたいと思っています。そのためには、業界や企業の垣根を超えたコラボレーションや情報のオープン化が必要です。弊社はオープンイノベーションを創出するために、既に「REAIL」というリテールAIプラットフォームプロジェクトを進めておりますが、これからも日本のリテールDX推進に向けた取り組みを推進していきたいと思っています。「リモートワークタウン ムスブ宮若」プロジェクトの構想からこの日を迎えるまでスピーディーに進められたのも、宮若市のご協力なくしては実現することはできませんでした。改めて感謝を申し上げるとともに、国内で初めて市民・行政・民間事業者が協働して実現するリテールAI開発拠点「リモートワークタウン ムスブ宮若」のこれからに期待して頂ければと思っております。」
※プレゼンテーション資料から抜粋

※プレゼンテーション資料から抜粋

トライアルIoTラボについて

最先端のIoT技術の開発、高度化を図る場所として、デバイス開発センターの機能を備えています。今後はトライアルとお取引のあるメーカーのエンジニアメンバーも招聘し、スマートショッピングカートをはじめ、リテールの技術革新を進めて流通革命を起こす拠点となっていきます。
トライアルIoTラボ

ムスブAIについて

AI研究開発者が自由かつ快適に研究開発に打ち込める環境を整えました。また、サテライトオフィスやプロジェクトルームを備えることで日本中のみならず世界中と繋ぎ、距離による障壁をなくしております。首都圏と世界を繋ぐ、技術開発の強力な地場となっています。今後は“知のオープン化”、教育機関と連携した将来の種撒きを行う施設として活用いたします。
ムスブAI
26 件
〈 1 / 2 〉

Related