企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.08.09

減量食の購入が食糧支援につながる!『LEAN PLUS』がSDGs宣言。売上の一部を、若者の貧困問題を解決する認定NPO法人D×Pへ寄付。

認定NPO法人D×P(ディーピー)に『LEAN PLUS』の売上の一部を寄付します。

健康的に痩せるボディメイク飯『LEAN PLUS(リーンプラス)』を開発する株式会社RYM&CO.(本社:東京都渋⾕区、代表取締役:⾕合 ⻯⾺)は、SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標のうち「1,貧困をなくそう」「2,飢餓をゼロに」「3,すべての人に健康と福祉を」の3つの達成に貢献することを宣言しました。この取り組みの皮切りとして、認定NPO法人D×P(ディーピー)に『LEAN PLUS』の売上の一部を寄付します。
認定NPO法人D×P(ディーピー)に『LEAN PLUS』の売上の一部を寄付します。
『LEAN PLUS』は、忙しく働きながらも、健康的に痩せたい・理想の身体になりたい人を応援する減量食です。
LEAN PLUS
株式会社RYM&CO.は、本商品の販売を通じて、SDGsの17のグローバル目標のうち、下記の3つの達成に貢献することを宣言いたします。
SDGs
この取り組みの皮切りとして、8月を予定する公式ローンチ以降の『LEAN PLUS』の売上の一部を、認定NPO法人D×Pへの寄付することを決めました。

寄付の背景

今年7月21日(月)に4度目の緊急事態宣言が発令され、貧困に苦しむ若者の数はさらに増えていると言われています。

コロナ禍により「アルバイトのシフトに入れない」「貯金が底をついてしまう」といった影響を受け、食事すら満足に摂れないという若者も少なくありません。

こうした中で、認定NPO法人D×Pでは、経済的に困っている15~25歳の若者に「食料支援」や「現金給付」を行なっています。7月末現在で、支援した食料は7,200食を超え、4ヶ月間ですでに昨年の支援実績を超えました。 

このように、現在需要が高まっている若者への食糧支援に少しでも貢献できればと思い、認定NPO法人D×Pへの寄付をすることにいたしました。

各代表者からのコメント

認定NPO法人D×P 理事長 今井 紀明

認定NPO法人D×P 理事長 今井 紀明
コロナ禍の影響で経済的に苦しい若者からの相談の声が届いています。D×Pは、10代向けのLINE相談事業「ユキサキチャット」を行ない、さらに親に頼れない25歳までの若者に対して食糧支援や現金給付を行なって生活をサポートしてきました。

ユキサキチャットでは、この1年で相談者数が大幅に増加しています。コロナ禍による若年層への影響は長期化することが予想されるため、2021年度も引き続き、食糧支援や現金給付を実施していかなければならない状況です。

そんな中、LEAN PLUS(リーンプラス)で寄付つき商品ができたことはとてもありがたいです。この商品を通していただいたご寄付で、若者の日々と生活を支えていきたいと思います。
28 件
〈 1 / 2 〉

Related