企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.08.16

環境配慮型の持ち運べる スプーンケース『mottecotto』を開発。

「マイスプーン」持ち歩き文化を広めていきます

ノーベル賞創設90周年記念カトラリーを製作した、山崎金属工業株式会社(新潟県燕市・代表取締役 山崎悦次)が、究極のスープスプーン『スープ賢人』を開発と同時に、環境配慮型のスプーンを持ち運べるケース『mottecotto』(商品名:モッテコット)を開発。

Makuakeにてクラウドファンディング実施中
https://www.makuake.com/project/yamazakitableware/
2021年08月27日(金)まで

環境のことを考えた、古米由来のカトラリーケース

スープスプーン『スープ賢人』とカトラリーケース『mottecotto』

スープスプーン『スープ賢人』とカトラリーケース『mottecotto』

『カトラリーで食事が美味しくなる』を目指し、モノづくりを進めてきた山崎金属工業からの提案です。

■美味しく食べる道具(時間)を、外出先でも楽しんでもらいたい
■プラスチック製スプーンの有料化など、環境保全に向けた活動をユーザーと共に貢献したい

持ち運びができるスプーンケースを開発し、外出先やアウトドアでも活躍します。ランチなどでご利用下さい。
スープスプーン『スープ賢人』とカトラリーケース『mottecotto』

パカっと開けてサッと取り出せる!取り出しやすい立体形状

パカっと開けてサッと取り出せる!取り出しやすい立体形状
米どころ新潟の企業だからこそ、素材には米(食用に適さない古米等の廃棄米)由来の『ライスレジン』及び『ライスインキ』を使用。

金色に輝く稲穂を連想させるデザインとしました。
金色に輝く稲穂を連想させるデザイン
また、廃材をできる限り少なくし、素材を大切に使いたいという想いから、ケース製作時の余白部分を利用したスプーンレストもあわせて製作することで、端材ロスを解消しました。

場所を選ばず すっきり置ける!

場所を選ばず すっきり置ける!
円柱状に組み立てたレストの丸みを帯びた部分に、スプーンを置くことでテーブルと直に触れません。
更にはその丸みから伸びる台座部分のヘッド側にセットすることで、スプーンから伝え垂れした液体を受け止め、テーブルを汚しにくい設計で誕生した、機能面・衛生面に配慮したスプーンレストです。
24 件
〈 1 / 2 〉

Related