企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.08.28

埼玉県発!レザーバッグブランドが挑戦するSDGs《2030年までに環境配慮型商品・サービスの全売上比率を50%へ!》

おしゃれにエコ活動を楽しむ選択肢を!『サロン・ド・アルファード』は「埼玉県SDGsパートナー」としてSDGs達成に向けて取り組みます。

満田工業株式会社(本社:埼玉県吉川市、代表取締役:満田浩樹)は、2021年7月31日「埼玉県SDGsパートナー」として登録されました。今後はSDGs達成の為に弊社ブランド『SALON DE ALFURD(サロン・ド・アルファード)』にて「SDGs達成に向けた取り組み」を実施いたします。

「埼玉県SDGsパートーナー」とは、埼玉県が進める「埼玉版SDGs」を共に推進することを目的として、SDGsの取り組みを実施、および公表する県内企業などを「埼玉県SDGsパートナー」として県が登録している制度です。(2021年8月現在 315の企業・団体等が登録)
当社では、環境、社会、経済の3つの分野においてそれぞれSDGsに係る取り組み及び指標を設定し、弊社ブランド『SALON DE ALFURD(サロン・ド・アルファード)』を中心としてSDGs達成に向けた活動を実施いたします。
SALON DE ALFURD(サロン・ド・アルファード)

背景

世界的に環境意識が高まる中、ファッション業界でもサスティナビリティーが重視されています。満田工業株式会社の『サロン・ド・アルファード』は「日本発のラグジュアリーブランド」を目指しています。その活動の中で大切にしているのが、地域社会の発展および環境配慮に貢献すること。この考え方は持続可能な開発目標(SDGs)と同じ方向を目指すものであります。「埼玉県SDGsパートナー」として、指標を明確にし、社員ひとりひとりが誠実に事業活動に取り組むことにより、SDGsの達成に貢献していきます。

満田工業株式会社 SDGs達成に向けた宣言書

❶環境
環境に配慮された素材や製品(端材、LWG認証タンナーのレザーやリサイクル素材・リサイクル・リメイク品など)の企画・製造に努める。

<2030年に向けた指標>環境配慮型商品・サービスの全売上に占める比率を50%にする
❷社会
1.災害支援、2.子育て支援・少子化対策、3.途上国、4.芸術分野への支援団体への寄付を行い、社会的問題解決への貢献を行う。

<2030年に向けた指標>寄付金を全売上の1%以上、もしくは1,000万円
❸経済
イノベーション、DX,組織改革、働き方改革、人材育成、ブランディング等によって、従業員の時間当たり一人当たりの付加価値労働生産性を向上し、従業員の平均給与(役員除く)UPを行う。

<2030年に向けた指標>2021年度に対して平均時給の30%UP
*****************************
詳しくは社長(満田浩樹)がお応えいたします!ぜひお気軽にお尋ねください。

満田工業株式会社 電話:048-982-4898 FAX:048-982-4898(平日9:00~16:00)
メールアドレス:press@alfurd.com
*****************************
▽ すべての宣言、詳細はこちら

SDGs達成に向けた宣言書(要件1)https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/201906/303.pdf

すでに開始したSDGs達成に向けた取り組み

『サロン・ド・アルファード』では、「おしゃれにエコ活動を楽しむ」選択肢をお届けできるよう、3つの取り組みを始めております。
現在、環境配慮型商品・サービスが、全売上に占める比率は10%ですが、3年後の2024年には20%、2030年には50%を目指します。

❶ 受注生産
大量生産・大量消費モデルからの展開として「オンライン受注会」での販売を開始

★豊富なカラー展開や、簡単なカスタマイズも提案できるようになりました
https://www.salon-de-alfurd.jp/c/order
豊富なカラー展開や、簡単なカスタマイズ
❷ 「サステナブル」シリーズを展開
地球環境に配慮した素材や、アップサイクル商品
https://www.salon-de-alfurd.jp/f/sustainable

◇ 「LWG認証タンナー」によるレザーを採用
→ スペインやイタリアの「LWG認証タンナー」から取り寄せた上質なレザーを採用、ラグジュアリーな雰囲気ながら、サステナブルを叶えたワンランク上のサステナブルファッションを提案
スペインやイタリアの「LWG認証タンナー」から取り寄せた上質なレザーを
◇  再生素材を採用
→ スペイン製の100%ペットボトル再生素材などを使用したエコバッグなどを展開、レジ袋の消費を減らすとともに「ペットボトルの再利用」も叶えます
再生素材を採用
◇ アップサイクル
→ バッグ制作時に出た革の切れ端を職人の感性を活かして「一点もの」として蘇らせます
アップサイクル
22 件
〈 1 / 2 〉

Related