企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.08.29

1本のストローで世界を変える!人と地球にやさしい、自然由来の麦わらのストロー!SDGsに取り組む人々を応援する<ふぞろいのストロープロジェクト>

アサヒグループホールディングス株式会社×学校法人女子美術大学×BOOSTER

株式会社パルコ(本部:東京都渋谷区、以下パルコ)と株式会社CAMPFIREが共同運営する購入型クラウドファンディングサービス「BOOSTER(ブースター)」は、2021年8月24日(火)12時から、“1本のストローで世界を変える!”人と地球にやさしい、自然由来の麦わらのストロー、SDGsに取り組む人々を応援する「ふぞろいのストロープロジェクト」のクラウドファンディングを開始します。
ふぞろいのストロープロジェクト

Mugiwara de SDGs 概要

約120年前の日本で、麦わらを原料としたストローが存在していたことをご存知でしょうか?発祥は岡山県と言わ れています。英語でstrawとは、麦藁(ムギワラ)を意味します。つまり、麦わらがストローなのです!夏になると 冷たい麦茶を飲んだり、シャボン玉遊びする子供達の遊び道具でもありました。時は流れ、日本の高度経済成⾧期に、 安価で大量生産できるプラスチック製が主流となりました。昔は当たり前に使用されていたストロー(麦わら)は忘れさられ、便利で優れた素材であるプラスチック製のストローが当たり前になりました。2021年現在、世界の国々は持続可能な開発目標であるSDGsを掲げ、脱炭素社会を目指すようになりました。なぜでしょうか?わたしたち人類の炭素社会基盤の経済発展の裏側では、地球の環境汚染が確実に進んでいるからです。今こそ、環境にやさしいストローが現代に必要であると考え「ふぞろいのストロープロジェクト」は始まりました!脱炭素社会の形成とSDGs の達成にも貢献できれば幸いです。

ふぞろいのストローの主な特徴

✔植物性(麦わら)のストローのため、地球環境を汚染することがありません。
✔現在、麦の実を生産者は収穫し、麦わらは田んぼや畑の栄養として土に戻しています。その土に還していた麦わらを有効活用した、100%自然由来のアップサイクルストローです。
✔生産は手作りで人が行っているため、CO2排出がない環境にやさしい生産体制です。
✔生産地の農家さんと福祉作業所が連携し「農福連携」という手法で、収穫からストローの生産までを協力して進め、 障害者の自立支援も共に目指しています。
✔パッケージには環境を配慮したリサイクル100%の古紙を使用。
✔資源循環モデルを実現するため、使用済のストローを回収し、土に還す啓蒙活動も進めていきます。
ふぞろいのストローの主な特徴

クラウドファンディング概要

●募集期間:2021年8月24日(火)12時~2021年9月30日(木)23:59まで
●目標金額:100万円
●プロジェクトページ:https://camp-fire.jp/projects/view/444217

リターン内容

◆基本3点セット◆ 3,000円
①ふぞろいのストロー10本入り×2セット
②コンセプトブック(絵本)
③ふぞろいのストロープロジェクトホームページへの記載(希望者のみ)

◆ふぞろいのストロー&ビール&タンブラーセット◆
①ふぞろいのストロー 10本入り×10セット
②ふぞろいのビール 2本
③森のタンブラーMUGI for ふぞろいのストローPJ 1個
④コンセプトブック(絵本)1冊
⑤ふぞろいのストロープロジェクトホームページへの記載(希望者のみ) など
リターン内容
リターン内容
19 件
〈 1 / 2 〉

Related