企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.08.31

世界最大級の学生団体アイセック・ジャパンと脱炭素社会実現を目指すGreen innovationが、サステナブルな未来を創るイノベーター人材輩出に向けて連携開始。

2050年のサステナブルな未来の創造に向けてイノベーションを起こす若手人材の育成・輩出を加速するため、Green Innovator Academyを中心とする事業連携を開始します。

脱炭素に向けたグリーンイノベーション加速のため、セクターを越えた協働を推進する一般社団法人Green innovation(本部:東京都港区、代表理事:菅原聡、以下「Green innovation」)と、海外インターンシップを中心に様々な事業を運営する世界最大級のGlobal Youth Organization、[AIESEC] の日本支部、特定非営利活動法人アイセック·ジャパン(本部:東京都新宿区、会長:各務茂夫、以下「アイセック」)は、2050年のサステナブルな未来の創造に向けてイノベーションを起こす若手人材の育成・輩出を加速するため、Green Innovator Academyを中心とする事業連携を開始します。

Green Innovator Academyの詳細はこちらのページをご参照ください。
https://green-innovation-project.com/green_innovator_academy/recruitment_2021/
Green Innovator Academy

1.背景と目的

持続可能な社会・経済システムへの転換は急務です。世界的に気候変動への対策が経済政策、そして国をまたいだ国際政策として急ピッチで推進されている一方、そのような情勢に対する国内での認知は未だ低い状況にあります。また、2050年に脱炭素社会を目指す中では、技術やインフラだけでなく、産業構造、政策方針、そして私たち一人ひとりの暮らし方等、すべての社会のシステムを転換していく必要があります。加えて、転換にはすべてのセクター、そしてすべての世代の協働が必要であり、なによりも未来を創る「今」、これからの時代の主体となる若者を育成することが急務となっています。

2.連携内容

Green innovationとアイセックは、サステナブルな未来を創る若者の育成と輩出を加速するため、主に以下3点に連携して取り組みます。

Green Innovator Academy参加における特別枠の設置

Green innovationは、グリーンイノベーター育成のプログラム「Green Innovator Academy」を2021年10月23日に開校します。
本プログラムでは脱炭素に向けた世界情勢等の大局を捉え、ローカルでの導入事例を学び、各セクターの先進事例から事業提案や政策提案を行うなど充実した人材育成コンテンツを約半年間をかけて提供します。
このプログラム第一期参加者枠に、若者のリーダーシップ育成を目指すアイセックに所属するメンバーに対して特別参加枠を15枠設け、グローバルな視座とキャリアビジョンを持つ若者に、サステナビリティについて考える機会を提供することで、同分野から社会に貢献する人材の輩出を目指します。

Green Innovator Academyの詳細はこちらのページをご参照ください。
https://green-innovation-project.com/green_innovator_academy/recruitment_2021/
Green Innovator Academy参加における特別枠の設置

気候変動・脱炭素分野における学習プログラムの実施

Green innovationの知見やネットワークを活かし、アイセックから参加した学生に対してGreen Innovatior Academyの開校前に2回の事前イベントを実施する他、Green Innovator Academyの参加者向けにプレプログラム、ポストプログラムをアイセックと協働で提供します。
このプログラムでは、普段あまり関わることのない気候変動・脱炭素分野におけるリーダーとの出会いを通じた、今後の社会を変えるリーダーになるためのサポートをおこないます。

Youth Voice Report / 若者の声の発信

60年に渡って若きグローバルリーダーの育成を目標に大学生向けの海外インターンシッププログラムを運営し、グローバルにネットワークのあるアイセックと連携し、若者主体とした、Green Innovatorのインタビューや若者自身の声の発信を通じて、若者がGreen Innovationに対してアクションを起こすきっかけを提供します。
また、本取り組みをきっかけにGreen innovationが提供するプログラムのグローバル化を目指します。
これらの取り組みの詳細については、後日発表します。
21 件
〈 1 / 2 〉

Related