企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.09.01

英国の老舗ブランド「Barbour」の世代を超えて愛されるサスティナブルな試み『Barbour. WAX FOR LIFE』、9月1日より順次スタート

ワックスドジャケットの防水性を蘇らせる「RE-WAX」100周年を記念した、ロングライフでブランドと付き合えるプロジェクト。古着のBarbourをリメイクし、価値ある一着として蘇らせた限定商品も登場!

 スープリームスインコーポレーテッド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:八木雄三)が展開する、英国の老舗アウトドア・ライフスタイルブランド「Barbour(バブアー)」。ブランドの代名詞、ワックスドジャケットは、生地にワックスを染み込ませ防水性を高めた100年以上前からある英国伝統のアウター。着ると味わい深く変化することからファッション好きの間でも人気を博しています。こちらの生地の特徴は、とても丈夫で、防水性を失ったワックスドジャケットは、ワックスを再度注入すれば防水性が蘇ります。この「RE-WAX」と呼ばれる作業を繰り返すことで、経年変化を楽しめ、さらに機能性を失わずBarbourを長く愛用していただけます。
Barbour
 1894年、イングランド北東部サウスシールズで生まれたBarbour。ちょうど100年前の1921年、創業から数えて2代目のマルコム・バブアーの頃に発行された当時を物語るブランドカタログに、ワックスドジャケットの撥水性を蘇らせる「RE-WAX」の紹介がありました。着用を重ねて防水性が落ちたジャケットにワックスを塗り込みケアすることで、機能性が甦り、⾧きに渡って愛用出来る人生の相棒のような存在となる「RE-WAX」の取り組み。今回、RE-WAXの100周年を記念し、モノをいつまでも大事にし、ロングライフでブランドと付き合えるサスティナブルなプロジェクト『Barbour. WAX FOR LIFE』を、2021年9月1日(水)より主要店舗にて順次展開します。

 今回の「Barbour. WAX FOR LIFE」は、現代社会のサスティナビリティの精神にも通じるプロジェクトです。このプロジェクトでは、ワックスを注入しジャケットを蘇らせる「RE-WAX」、事前に集めたBarbourの古着を修繕、リメイクし、価値ある一着として蘇らせた世界に一着だけの商品を限定販売する「RE-LOVED」、ジャケットに無料で刺繍ができる「My Barbour」の3つのコンテンツを実施します。

 Barbourは100年も前からモノを大事にする精神を繋いで、自社の製品を愛用できる施策を提供し続けてきました。今後も英国の老舗ブランドとして、持続可能な未来の実現へ向け、モノと社会との架け橋となるよう貢献してまいります。

Barbour. WAX FOR LIFE概要

「RE-WAX」、 「RE-LOVED」、「My Barbour」の3つのコンテンツを、全国の主要店舗にて実施します。
「RE-WAX」、 「RE-LOVED」、「My Barbour」の3つのコンテンツ

01. 「RE-WAX」

⾧きに渡って使われたBarbourのワックスドジャケットに再度ワックスを注入させることで、防水性を蘇らせ、さらにエイジングを加えていくものです。店舗では、経験豊かな専門スタッフによって、その「RE-WAX」の施し方を実演。みるみる内に息を吹き返していく様は、Barbourファン必見です。

02. 「RE-LOVED」

⾧年愛用したお客様のワックスドジャケットを回収し、その返礼として期間中ご使用いただける¥8,000のバウチャーをお渡しします。
※限定店舗にて実施: 詳細はバブアー公式オンラインサイト(https://www.japan.barbour.com)をご参照ください。
さらに、事前に集めたユーズドのワックスドジャケットを修繕しリメイク、価値ある一着として蘇らせた商品も限定販売します。一点モノでそれぞれに個体差があることが特徴です。本来、穴や傷などで破棄されるモノが多い中、Barbourのリメイク商品は新たな魅力を宿しながら、次の世代へ受け継がれていきます。
「RE-LOVED」

03. 「My Barbour」

店頭でご購入いただきましたワックスドジャケットに無料で刺繍をさせていただくサービス。文字のサイズとフォント、さらに糸のカラーをお選びいただき、お名前やイニシャルなど、お客様がご希望の内容で刺繍をさせていただきます。
20 件
〈 1 / 2 〉

Related