企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.09.06

再エネ100宣言RE Action参加の岩手県花巻市にある総合建設業「伊藤組」が、花巻産の太陽光発電所から再エネ100%電力調達を開始。アスエネと連携し、地方創生を目指す

岩手県花巻市にある自動車学校跡地の石鳥谷太陽光発電所からの電気をブロックチェーン活用のトラッキングシステムで電源特定させ、同県内の現場事務所向けに地産地消の再生可能エネルギー100%のアスエネでんきの調達を開始。

株式会社伊藤組(代表取締役:伊藤智仁、以下伊藤組)は、アスエネ株式会社(代表:西和田 浩平、「アスエネ」)と連携し、2021年9月より岩手県花巻市にある自動車学校跡地の石鳥谷太陽光発電所からの電気をブロックチェーン活用のトラッキングシステムで電源特定させ、同県内の現場事務所向けに地産地消の再生可能エネルギー100%のアスエネでんきの調達を開始。
フロー図
2019年に創業100年を迎えた総合建設会社である伊藤組の経営理念は「建設業を通じて社会の発展に貢献する」こと。2010年11月に「エコアクション21」、2018年4月に「いわて地球環境にやさしい事業所(4ツ星)」、2020年5月より「再エネ100宣言 REAction」に参加し、事業活動に必要な電力をすべて再生可能エネルギー100%で賄うことを宣言した。
伊藤組の「環境方針」
取組の第一弾として、自社で所有している太陽光発電所を電源特定し、現場事務所をCO2排出量ゼロ再生エネルギー100%の「アスエネ」を導入することを決定。今年度中には事業活動で使用する電力の約3割を再生可能エネルギーに切り替える予定。

アスエネは、「次世代によりよい世界を」をミッションに掲げ、再エネ100%・地産地消・コスト削減に繋がるクリーン電力サービスを展開。今後もアスエネは伊藤組と連携の上、更なる再生可能エネルギーテック事業を推進していきます。
伊藤組とアスエネ
伊藤組とアスエネの詳細は以下の通り。

伊藤組について

会社名:株式会社伊藤組
事業内容:土木建築の設計及び施工、不動産売買及び仲介、アスファルト合材販売、標識標示、下水道調査維持補修、産業廃棄物の処理、土木材料・土質試験、石油製品販売
代表取締役: 伊藤智仁
創業: 大正8年4月1日
会社HP: https://www.itougumi.co.jp/

<本社>
伊藤組

クリーン電力サービス「アスエネ」の特長

①再エネ100%と電気代10%削減を両立
CO2排出量ゼロの再生可能エネルギー100%の電力でありながら平均10%のコストダウンも実現し、再エネ=高いというイメージを覆します。既存の送配電線を利用し、電力供給をするため、電気の品質は一切変わらず安定供給が可能です。
アスエネ
②SDGsや地産地消で企業イメージアップ
ブロックチェーンを活用し、ご希望の発電所を選ぶことにより、エネルギーの地産地消に貢献いたします。共同のプレスリリースを実施し、企業のイメージUPやブランディングのご支援も可能です。
SDGsや地産地消で企業イメージアップ
21 件
〈 1 / 2 〉

Related