企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.09.07

大日本印刷とユーハイム フードロス削減に有効な商品販売システムの実証実験を開始

必要なものを、必要な時、必要な量だけ作り、より美味しい状態で生活者に届ける。

大日本印刷株式会社(DNP)は、生活者からの事前の注文に応じて出来立ての食品を提供する、フードロス削減に有効な商品販売システムの実証実験を株式会社ユーハイムとともに9月8日(水)~27日(月)に実施します。

本実証実験は、「必要なものを、必要な時、必要な量だけ作り、より美味しい状態で商品を生活者に届ける」をコンセプトにしています。来店前の購入者から商品(バウムクーヘン)の購入予約をDNPが提供するシステムで受けて、ユーハイムのバウムクーヘン専用AIオーブン「THEO」(テオ)で生産することで、過剰生産を減らし、フードロス削減につなげる取り組みです。
販売するバウムクーヘン

販売するバウムクーヘン

バウムクーヘン専用AIオーブン「THEO」

バウムクーヘン専用AIオーブン「THEO」

○期間 : 9月8日~13日、22日~27日
○営業時間:12:00~18:00 (火曜は定休日)
○場所 : ミシャラク表参道店 (東京都渋谷区神宮前6-2-9)
○対象商品 :
・THEOバウムクーヘン一本焼き 税込価格:8,100円
・THEOバウムクーヘンリング 税込価格:1,944円
・THEOバウムクーヘン1/4カット 税込価格:432円
○購入サイトURL :
9月8日~13日:https://www.enq-plus.com/enq/foodmatch_juchheim/req_2109_1/
9月22日~27日:https://www.enq-plus.com/enq/foodmatch_juchheim/req_2109_2/

実証実験のポイント

売れ残りや賞味期限切れ、需要を上回る生産などによって、食べられる状態の食品が廃棄される「フードロス」が食品メーカーや卸・小売、外食産業等の共通の課題となっています。フードロス削減のための生産数を減らす取り組みもありますが、生活者が欲しかったのに買えないといった販売機会の逸失につながる場合もありました。
こうした課題に対してDNPとユーハイムは、DNPが提供する「需要を把握・管理できる仕組み」と、店舗の「バウムクーヘン専用AIオーブン『THEO』(テオ)」を連動させて、最適なタイミングで、職人と同等の品質で商品を焼き上げる実証実験を開始します。ユーハイムでは現在、需要を予測して工場で生産して各店舗へ商品を配送していますが、適切な需要を見極めることが難しく、今回の実証実験を通じて、生活者に新しい販売方法を周知するとともに、受注生産によるフードロス削減の効果や有効性について検証していきます。実証実験の流れは以下の通りです。

1.店舗側で、予約販売する商品(バウムクーヘン)の情報をDNPが提供するシステムに登録します。
2.生活者は、専用Webサイトで登録商品を閲覧して、購入したい商品や受取時間を予約画面で指定します。店内のポスターや販促物等に掲出するQRコードのほか、メール案内等で専用Webサイトに誘導し、生活者に対して新しい販売方法の周知を図っていきます。
3.予約した受取時間に合わせて、「バウムクーヘン専用AIオーブン『THEO』(テオ)」が自動で商品を焼き上げます。
4.生活者は、店頭で待つことなく、出来立ての商品をスムーズに受け取ることができます。店舗側は、販売機会を失うことなく、出来立ての商品を提供することでサービスの向上を図ります。店舗と生活者の協働によって、フードロスの削減につなげていく取り組みです。

今後の展開

DNPは本実証実験を通じて、「需要を把握・管理できる仕組み」に対するニーズや機能の検証を行い、需給の最適化によるフードロス削減を実現するシステムの開発と事業化を進めていきます。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブ様の登録商標です。
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載された内容は発表日現在のものです。今後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
8 件

Related