企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.09.08

【生活者のSDGs意識実態】コロナ禍で変わった暮らしにSDGsにつながる行動も 花王 生活者研究部「くらしの研究」にて、9月7日公開

新型コロナウイルス流行前の2019年と流行後の2020年における、SDGsの意識実態の調査結果を2021年9月7日に公開いたします。

花王株式会社「生活者研究部」(※1)では、2018年より生活者のSDGs意識実態について、継続的に調査を実施しています。新型コロナウイルス流行前の2019年と流行後の2020年における、SDGsの意識実態の調査結果を2021年9月7日に公開いたします。

2015年国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goalsの略)の目標達成のゴールとされた2030年まで、残すところ10年を切りました。現在の、生活者のSDGs認知と関心の変化や、新型コロナウイルスの流行を経験した私たちのニューノーマルな暮らしにみられたSDGsにつながる行動などをレポートします。

主な調査結果のポイント

●メディアの影響で、SDGsの認知度が上昇
●SDGsの17目標への関心も幅広く
●ニューノーマルな日常とSDGsのつながり
●SDGsを意識して暮らしを見直してみる

調査概要

「環境・SDGsについての意識実態」
◎2019年8月/インターネット調査/首都圏在住20~60代既婚男女、20~30代未婚男女/男性700人、女性700人
◎2020年10月/インターネット調査/首都圏在住20~60代既婚男女、20~30代未婚男女/男性700人、女性700人

「環境や暮らしについての意識実態」
◎2021年6月/オンラインインタビュー調査/首都圏在住30~60代女性/6人

「美の予見調査」
◎2020年4〜5月/オンラインインタビュー調査/2018~19年 都内街頭インタビュー対象者 美容や身だしなみに関心の高い20~50代女性/8人

「在宅勤務の暮らしと家事」
◎2020年8月/オンラインインタビュー調査/首都圏在住30~40代既婚男女 新型コロナをきっかけに在宅勤務経験者/6人

メディアの影響で、SDGsの認知度が上昇

SDGsの認知度(「詳しい内容まで知っている」「一部の内容は知っている」「見たことがある、聞いたことがある」の計)について、2019年と2020年の調査結果を比べると、未既婚男女いずれでも増加しています。特に20〜30代未婚女性の認知度は、27%から55%へと上昇幅が大きいことが目を引きます。また、既婚男性の認知度が65%と高いのは、ビジネスなどでSDGsにふれる機会が多いであろうことが理由に考えられます。さらに、その内容まで「詳しく知っている」「一部知っている」割合も、未既婚男女それぞれで上昇していることから、SDGsへの理解も深まっていることがうかがえます。
メディアの影響で、SDGsの認知度が上昇
SDGs認知度の上昇には、メディア報道の影響も大きいようです。2018年に国連が設立した「SDGメディア・コンパクト」という国際アライアンス組織に日本のメディア各社も加盟、テレビ各局がSDGsの目標や世界での取り組みを紹介したり、子どもと一緒に学べるクイズ形式の番組を放送したりするようになりました。ファッション系女性誌がSDGsを特集するなど、ライフスタイルとしてSDGsを取り上げる情報発信も増えています。企業や団体の広告でもSDGsと結び付けた内容を多く目にするようになりました。このように、SDGsの情報に触れる機会が増えたことは、多くの人がSDGsを知り、関心を持つきっかけの一つになったようです。
回答

SDGsの17目標への関心も幅広く

SDGsの17目標で関心を持つ項目を調査したところ、いずれの属性でも「①貧困をなくそう」「③すべての人に健康と福祉を」への関心度が高いことがわかりました。コロナ禍による衛生意識の高まりや世界の衛生事情を目の当たりにしたことなどもあり、「②飢餓をゼロに」「⑥安全な水とトイレを世界中に」「⑯平和と公正をすべての人に」も含め、日本に住んでいるとあまり危機意識を感じなかった目標も上位に挙がりました。地球環境に関する「⑬気候変動に具体的な対策を」「⑭海の豊かさを守ろう」「⑮陸の豊かさも守ろう」にも高い関心がみられます。自分の身近なことに関連する目標から日本では実感しにくいけれど世界全体で取り組むべき目標まで、関心の幅が広がっている様子がうかがえます。
SDGsの17目標への関心も幅広く
23 件
〈 1 / 2 〉

Related