企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.09.08

ライボ × 地方創生SDGs官民連携プラットフォームに参画 SDGsを背景に地方移住を促進する地域との連携拡充へ

“働く”を通じて持続可能な社会実現と個の活躍社会に貢献。

 キャリアや就転職に特化した匿名相談サービス『JobQ(ジョブキュー)(※1)』(以下「JobQ」)を運営する株式会社ライボ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:小谷匠 以下「ライボ」)は、「SDGs(持続可能な開発のための目標)」を通じて地域課題解決に向けた連携を進めていくため、内閣府が設置した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画したことをお知らせいたします。
地方創生SDGs官民連携プラットフォーム

地方創生SDGs官民連携プラットフォームに参画

 ライボは2015年4月にJobQ(https://job-q.me/)をリリースしてから、「あなたの知りたい”働く”は誰かが知っている」というコンセプトで運営し、有益な記事コンテンツの発信を通じて、SDGsが目指す持続可能な社会実現に取り組んでいます。
 その一環としてJobQでは、2021年5月に「SDGs特設ページ」を開設し、SDGsを背景とする「就労支援」「女性活躍の推進」「地方移住」と、3つの記事コンテンツ発信を開始しました。そしてこれまでの取り組みをさらに推進していくため、「地方創生SDGsプラットフォーム」に参画する地方自治体などとマッチングや地方移住の促進に力を入れる地域とのさらなる連携を強めることでSDGs促進に貢献することを目的として、「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画するに至り、8月10日に会員名簿に追加されました。

地方創生SDGs官民連携プラットフォームとは

 「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」は、SDGsの国内実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的に発足しました。
 広範なステークホルダーとのパートナーシップを深める官民連携の場として、地方自治体におけるSDGsの達成に向けた取組と、それに資する「環境未来都市」構想のさらなる推進を通じて、地方自治体及び地域経済に新たな付加価値を生み出す企業、団体、大学、研究機関等の広範なステークホルダーとの官民連携の推進を図るためのプラットフォームです。

JobQにおけるSDGsの展望

SDGs
 JobQに設けている『SDGs特設ページ』は今後、取材コンテンツだけではなく、「あらゆる人々が活躍する社会・ジェンダー平等の実現」を推進するコンテンツを拡充してまいります。ライボが運営するJobQによるQ&Aサービスのノウハウを活かし、SDGsを背景とする、自治体や団体・企業や大学などのコンテンツを増やし、就職や転職に悩むユーザが産官学と対話できるような仕組み等、具体的な問題解決へのサポートも視野に取り組んでまいります。
 “個が活躍する社会を創る”をビジョンに掲げるライボでは、就転職に関するメディア運営のみならず、”キャリアや転職における総合コンテンツプラットフォーム”として、今後も価値あるプロダクトを生み出し、関連する多くのコンテンツや情報を発信してまいります。

SDGs特設ページについて

「就労支援」「女性活躍の推進」「就労から考える地方移住」の3コンテンツを包括発信
https://job-q.me/SDGs

※関連する自治体・団体の取材記事もJobQから閲覧いただけます。
・就労支援
(ディーセント・ワークや働き方改革とは?定義や取り組みを解説!)
https://job-q.me/articles/12880

・女性活躍の推進
(女性活躍に積極的な企業は多い?転職するならおさえておきたいポイント)
https://job-q.me/articles/12882

・就労から考える地方移住
(Uターン転職とは?後悔しないためのやり方や流れを解説!)
https://job-q.me/articles/12881

・facebookにてSDGsコンテンツを更新しています
https://www.facebook.com/JobQ.me/
16 件
〈 1 / 2 〉

Related