企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.09.17

コマースメディア株式会社「SDGs私募債」を発行 

りそな銀行より私募債の一部を国際連合大学に寄付

EC運営に必要な業務支援をワンストップで手がけるコマースメディア株式会社(本社:東京都豊島区)は、2021年8月10日付けで、株式会社りそな銀行(以下「りそな銀行」)を引受先とする第1回無担保社債「SDGs 推進私募債」を発行しました。本社債の発行による調達金額に関する手数料の一部は、国際連合大学の資金に充当される予定です。
第1回無担保社債「SDGs 推進私募債」
 SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のため2030アジェンダ」にて掲載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際指標のことで、17のゴール・169のターゲットから構成されています。

 今回、りそな銀行より発行される「SDGs推進私募債」は、発行額の0.1%相当額を、りそな銀行がSDGs関連団体に寄付することでSDGs取り組みの達成を後押しする仕組みです。
SDGs
 2016年の創業以来、弊社はSDGsの17のゴールのうち2つの項目に力を入れて事業運営を推進しております。
◆「8 働きがいも経済成長も」
 └ターゲットである労働集約型モデルの多様化や技術の向上を目指し、生産性を上げ経済的な豊かさや働きがいのある仕事を作っていくこと。
◆「12 つくる責任つかう責任」
 └生産者と消費者とをEコマースを通じてお繋ぎし流通業界へ寄与し、またその弊社の事業活動自体を持続可能な運営体制としていくこと。

 特に現状のコロナ禍においては、お客さまの事業運営がニューノーマル時代に合うよう、ワンストップでEC運営の支援を行い、よりスピーディーにEC事業を軌道に乗せるために使命感を持ち事業転換の支援を進めてまいりました。
このような状況の下、弊社はSDGsが掲げる「誰ひとり残さない、持続可能な社会」を目指すことに賛同し、私募債を通じて国際連合大学を寄付先として選定し、継続的な世界の発展に寄与いたします。

今回の社債の内容

社債名称:コマースメディア株式会社第1回無担保社債
発行総額:5,000万円
年限:3年
資金用途:運転資金
保証人:株式会社りそな銀行
総額引受人:株式会社りそな銀行
振替期間:株式会社証券保管振替機構
選定寄付先:国際連合大学

寄付の候補団体

以下の10団体の候補の内から寄付先を選びます。
・公益社団法人 2025年日本国際博覧会協会
・国際連合大学
・独立行政法人 日本学生支援機構 (JASSO)
・inochi WAKAZO プロジェクト (一般社団法人 inochi未来プロジェクト)
・一般社団法人 SDGs市民社会ネットワーク
・一般社団法人 アスリートソサエティ
・公益財団法人 日本ユニセフ協会
・独立行政法人 国際協力機構 (JICA)
・国立大学法人 長岡技術科学大学
・国立研究開発法人 理化学研究所

会社概要

社名:コマースメディア株式会社
代表者:代表取締役  井澤 孝宏
設立:2016年5月
HP:https://commerce-media.info
本社所在地:東京都豊島区南大塚3丁目44-11 フサカビル 6階
事業内容:ECに特化したWebコンサルティング、ECサイト運営、ECサイト制作受託
コマースメディア株式会社

コマースメディア株式会社について

当社は2016年5月より、『Eコマースのプロフェッショナルとして、クライアントを支え、併走し、成長を加速させるパートナー』として、下記の各種サービスを展開しております。
・WEBコンサルティング
・Shopify ExpertsとしてShopify利用のサイト構築及び運営代行
・楽天市場、amazon、Yahoo!などの国内ECモール運営代行
・ECフルフィルメント代行
・Shopeeなど越境EC運営
・WEB広告運用代行
・クラウドファンディング支援

 高度な技術力と専門知識をもつEC人材を多数抱え、業界や市場毎のEC運営ノウハウを有しお客さまの事業成長を支援するプロフェッショナル集団として、日々企業努力を重ねながら、EC業界の発展に寄与してまいります。
14 件

関連記事