企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.09.25

自然と地域との共生を目指す 東急リゾーツ&ステイのSDGsブランド「もりぐらし🄬」蓼科から全国のリゾート拠点へ展開加速

自然との共生・SDGsへの取り組み ・ 地域活性化を目指し「もりぐらし®」は全国展開へ。

東急リゾーツ&ステイ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中辰明 )は長野県茅野市「東急リゾートタウン蓼科」でグランピングなど屋外ツーリズムや間伐材を利用したバイオマスボイラー 等、 森林の維持活動 と地域活性化を目指し実証的取り組みとして行ってきた 「もりぐらし ®」 を、社会課題の解決に向けたSDGsブランドとして強化・再構築し、全国のリゾート拠点に展開することをお知らせします。

自然との共生・SDGsへの取り組み ・ 地域活性化を目指し「もりぐらし®」は全国展開へ

 私たちの目指すSDGs「もりぐらし ®」の取り組みは、森と緑をリソースとして事業と社会課題の解決を結び付け、 持続 可能な事業活動を通じて社会的な課題の解決を目指す共通価値創造、いわゆるCSV(Creating Shared Value)を基にしています。 森のアクティビティやグランピング、ワーケーションといった単なる利用目的だけでなく、地域の共有財産である森との調和やサステナビリティを包含し、地域住民 ・従業員が一体となった地域課題解決・自然保護を目指したSDGsの取り組みを推進してまいります。
もりぐらし®
 東急リゾーツ&ステイは、下記の5つを SDGs重点項目として地元 雇用、地産品の活用促進など事業の根幹
である観光の力を生かし「リゾート運営に欠かせない自然や環境を保護していくために必要なものは何か?
地方の活力が失われていくのを止めたい。我々にできることは何か?」を考え、リゾート施設の運営を通じて
自然保護・地域貢献の施策を長年にわたり、実践してまいりました。
SDGs重点項目

地域住民・行政・顧客・従業員一体の取り組みで、社会課題の解決と森に親しむ事を両立

 蓼科におけるゲスト参加型の「もりこみちプロッギング」(散策しながらのゴミ拾い)、グランデコリゾート(福島県)における多彩な自然環境教育「裏磐梯プロフェッショナルプログラム」、玉原東急リゾート(群馬県)における行政や地元団体と連携したブナ林を始めとする自然環境の保全活動、斑尾東急リゾート(長野県)における地域住民・顧客参加型のとうもろこし菜園「サンデーマルシェ」(特産品の消費拡大)など、行ってきた環境配慮、地域貢献の取り組みを発展させ、東急リゾーツ&ステイは、SDGsとしての取り組み「もりぐらし®」を蓼科から全国に展開を開始いたします。また今後は東急不動産ホールディングスの長期ビジョン「WE ARE GREEN」のもと、環境経営を通して社会への貢献を目指し今まで各事業地で行ってきた取り組みを「もりぐらし®」として再構築し、一層加速させ森や地域との共生を強化してまいります。
地域住民・行政・顧客・従業員一体の取り組みで、社会課題の解決と森に親しむ事を両立

森で遊び、学び、集う。森 ・自然・地域との多様な関わりを創出

 天城東急リゾート(静岡県)は森の木々を利用したアクティビティ「スカイアドベンチャー」、斑尾東急リゾート(長野県)では広大な森林と野尻湖の展望を味わう「野尻湖テラス」や、木々のさえずりに囲まれる「森林浴広場」、グランデコリゾート(福島県)における「旅する不思議な蝶アサギマダラ」観察会や、星空観察会「裏磐梯の星」など様々なアクティビティを行い、こうした活動によりリゾートに集客することで、お客様に森に親しんでいただきながら地域の活性化を目指します。また、ニセコマウンテンリゾート・グランヒラフ(北海道)におけるネイチャーガイド「エコル」での自然と親しむ体験を通じて様々なことを学ぶ環境教育や、東急リゾートタウン浜名湖(静岡県)では、スノーピーク社との「キャンピングオフィス」など空気の綺麗な森で集うオフサイトミーティング、チームビルディングに効果的な屋外アクティビティを活用した研修など、地域との繫がりを紡ぐワーケーション等、森と自然と地域の関わりを創出し、守り育てる活動を推進してまいります。

地域との共生と地球の未来の為に、すべての事業所でできることからSDGs取り組みを加速

 「もりぐらし ®」の様々な取り組み は、弊社各運営拠点に広がり始めています。管理する森林が東京ドーム
140個分に相当する弊社運営のゴルフ場 では、森林の管理に加え、排出ゴミの削減にも取り組んでいます。「 た
んばらラベンダーパーク」は、夏季のスキー場集客取り組みの先駆となっており、他のスキー場も夏季の地域
活性化に取り組んでいます。地域への影響が大きいスキー事業は、関係人口を生かすべく地域自治体との連携
の模索を開始しています。また、地域産品の地産地消を促進し農村振興等への貢献を目指すとともに、地域の
自然を感じていただくためのツアーなども積極的に実施、都心部の滞在型ホテルでもお客様にご協力いただ
いて省資源やカーボンオフセットの取り組みを進めています。今後は「もりぐらし ®」の旗印のもと、森と、
自然と、地域活性化の為の活動を 加速してまいります。
17 件
〈 1 / 2 〉

関連記事