企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.09.26

おやつのサブスク:スナックミー | 2021年8月の福岡県豪雨災害から生き残った「規格外ぶどう」をアップサイクル。TwitterでのSOSをきっかけに、1ヶ月で『Upグレープケーキ』を商品化

『Upグレープケーキ』は、2021年8月に福岡県で起きた豪雨災害を受け、行き場を失った規格外ぶどうを、グレープケーキにアップサイクルしたものです。

株式会社スナックミー (東京都中央区 / 代表取締役:服部慎太郎)は、2021年9月21日(火)より『Upグレープケーキ』のサブスクでの受付を開始します。本商品は、2021年8月に福岡県で起きた豪雨災害を受け、行き場を失った規格外ぶどうを、グレープケーキにアップサイクルしたものです。
Upグレープケーキ

Twitterでの生産者様のSOSがきっかけに、お取り組み開始

2021年8月18日に福岡県の豪雨災害で行き場を失った「規格外ぶどう」を大量に抱えてしまった福岡県うきは市の大熊充さんがSOSをツイート。そのSOSツイートを、スナックミーのお客様が発見し、 #スナックミー を付けてリツイートしてくださり、スナックミー公式アカウントにて状況をお伺いしたことから本取り組みがスタートいたしました。
Twitterでの生産者様のSOS
Twitterでの生産者様のSOS

規格外ぶどうからオリジナルの「グレープケーキ」を1ヶ月で試作し受付を開始

規格外ぶどうからオリジナルの「グレープケーキ」を1ヶ月で試作し受付を開始
規格外ぶどうからオリジナルの「グレープケーキ」を1ヶ月で試作し受付を開始
規格外ぶどうからオリジナルの「グレープケーキ」を1ヶ月で試作し受付を開始
規格外のぶどうは、ヒビが入り、皮が一部剥げてしまっています。冷凍しているので品質に問題はなく、自然に近い形の露地栽培でつくられたぶどうは、味や品質は遜色ないものです。これらの規格外ぶどうをジャムに加工し、ぶどうジャム入りの焼き菓子「Upグレープケーキ」を開発しました。(サブスク限定商品)

一つずつ丁寧に種を取り、洗双糖だけでじっくりと煮詰めた自家製のぶどうジャムは、皮の間に美味しさが詰まっているので、皮ごと繊維感も感じられるように炊いています。そのコクがあるジャムを、アーモンドプードル加えたほろっとした生地で包み焼き上げています。

サブスク会員様専用に受付し、お届けするため、ロスなどが発生することなく、全ての規格外ぶどうを救うことができます。
22 件
〈 1 / 2 〉

関連記事