企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.09.29

ヤマハグループが温室効果ガス排出量削減目標において、「SBTイニシアチブ」の「1.5℃目標」で認定を取得

ヤマハ株式会社は、中長期的な温室効果ガス排出量削減目標において、国際的な環境団体であるSBTイニシアチブから、「1.5℃目標」での認定を取得しましたのでお知らせします。

ヤマハ株式会社(以下、当社)は、中長期的な温室効果ガス排出量削減目標において、国際的な環境団体であるSBTイニシアチブ(注1)から、「1.5℃目標(注2)」での認定を取得しましたのでお知らせします。

ヤマハグループの温室効果ガス排出量削減目標(注3) [2017年度比]

・Scope1 + Scope2:2030年度までに55%削減(2050年度 実質カーボンニュートラル)
・Scope3:2030年度までに30%削減

当社グループの中長期的な温室効果ガス排出量削減目標は、2019年6月に国際的な環境団体であるSBTイニシアチブから「2.0℃目標(注2)」で認定を受けましたが、このたび、カーボンニュートラル実現に向けた国際社会の動向を踏まえ、Scope1+Scope2の削減目標を前回の32%削減から55%削減へと大幅に引き上げる、より意欲的な「1.5℃目標」で申請し、認定を取得しました。

今後、この削減目標を達成すべく、本年1月に発足した、社長を委員長とする「サステナビリティ委員会」の下部部会である「気候変動部会」にて、気候変動に関する全社的な議論を進めながら、再生可能エネルギーの積極導入、エネルギー高効率設備導入、省電力製品開発、物流合理化等の取り組みを加速させてまいります。

注1: SBTはScience Based Targetsの略。パリ協定目標達成に向け、科学的根拠に基づいた温室効果ガスの排出量削減目標設定を促し、その目標の評価や承認を行うイニシアチブ。環境情報の開示に関する国際NGOであるCDP、国連グローバル・コンパクト、WRI(世界資源研究所)、WWF(世界自然保護基金)の4団体が共同で2015年に設立。
注2: 産業革命以降の気温上昇を1.5(2.0)℃以内に抑えるための科学的根拠に基づく削減目標
注3: Scope1:燃料使用等による自社施設からの直接排出
Scope2:自社が購入したエネルギー(電気、蒸気等)の使用による間接排出
Scope3:Scope1、2以外の自社バリューチェーンからの間接排出(原材料・部品調達、輸送、製品の使用等)
Science Based Targets
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/

※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。
5 件

関連記事