企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.10.04

地域密着でせまく深くSDGsの情報を発信するスタジオを開設

SDGsをせまく深く発信し、「知ること」から「ジブンゴト」へ。一人ひとりの価値観に向き合いそれぞれの“ソノツヅキ”で世界を変えるきっかけの場所に。

川上塗装工業株式会社(本社:岩手県盛岡市、代表取締役:川上 秀郎)は、SDGsの目標達成に向け本社3階にSDGsの情報発信スタジオ「サスティナブルスタジオモリオカ“ソノツヅキ”」を2021年10月1日(金)に開設します。せまく深く情報を発信をして、SDGsの目標達成につなげるイベントやワークショップを開催します。
ソノツヅキ
ソノツヅキ
社屋の3階に開設するサスティナブルスタジオモリオカ“ソノツヅキ”は、全国で初めて塗装業が運営するSDGsの情報発信スタジオとして開設し、SDGsの目標達成に向けた取り組みを始動します。スタジオではSDGsの課題解決に向け岩手県内で活動する各分野の専門家を「ソノツヅキSDGsアンバサダー」に任命し、 SDGsに関わる情報をせまく狭く発信する地域密着型のワークショップを開催します。
(ソノツヅキHP https://sonotsuzuki.com/

開設の背景

川上塗装工業では、これまで塗装業を通じてSDGs活動に取り組んできました。その中で、地球環境を守り弊社のミッションである「つくりたいのはこどもたちが笑える未来」を実現するには、今を生きる一人ひとりが自分の価値観に向き合い行動していくことが必要だと考えました。また、首都圏に比べ地方ではSDGsの理解が遅れている現状や、自分に何ができるのか分からずアクションを起こせずにいる人が多くいます。地方の中小企業という立場からSDGsの情報発信ができる拠点として、サスティナブルスタジオモリオカ”ソノツヅキ”を開設することになりました。

目的と活動内容

地方で生きる多様な人々がSDGsを知り「ジブンゴト」にして、価値観に向き合い行動の変化につなげるきっかけをつくります。そして、より良い未来を創造することを目的として地域密着型でワークショップを開催します。ソノツヅキSDGsアンバサダーがSDGsの17の目標からメイン番号を定め、目標達成に関わる内容で企画。内容はお子さま向けから企業向けまで多岐にわたり、人のつながりや交流を大切にした少人数制・対面開催にこだわり、継続的に活動をしていきます。
ソノツヅキSDGsアンバサダー

ソノツヅキSDGsアンバサダー

ワークショップ

2021年7月からプレオープンし3ヶ月で6回のワークショップを開催、延べ49名の方にご参加いただきました。

開催実績

・経済成長のためにできることはなに?ヒロシのちょっとあぶない経済のお話会 4
・首都圏との格差を埋める!地方でも学べる機会を「誰でもできる!オンラインの主催者になる方法」1
・夏休み自由研究応援☆地元スーパーマーケットで見つけるSDGs12
・「もったいない」を「いただきますに」地元野菜でつくるオヤコでスムージー 5
・企業×学生=地域課題解決!学生とつながるための企業の受け皿づくり 3 
・SDGs×片づけ×習慣 今度こそできる!『片づけ習慣で』人生を動かすファーストステップ
オンラインイベントの主催者になる方法

オンラインイベントの主催者になる方法

地元食材でスムージーをつくってみよう

地元食材でスムージーをつくってみよう

25 件
〈 1 / 2 〉

関連記事