企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.10.13

「クリエイター×ローカル」による地方創生プロジェクト「Local Co-Creation Project」始動!

全国で一次生産者の新たな商品開発や地域ビジネス作りに取り組む株式会社MISO SOUPが新しい地域ブランド開発プロジェクトを開始。第一弾は和歌山県紀の川市で開催

一次産業の生産者・地域のブランドプロデュースを手がける株式会社MISO SOUP(東京都板橋区)は、2021年10月より全国のクリエイターが地域の事業者と共に商品開発を行い、新しい地域ブランドを共創する「Local Co-Creation Project」を開始致します。
全国展開を進める第一弾として、和歌山県紀の川市にて、地元生産者と公募により選抜されたクリエイターと共に、新しい地域ブランド開発に着手します。
 (13512)
近年、国の政策として押し進められてきた背景もあり、各地域で様々な加工商品を主軸とした地域認定ブランドが立ち上がっています。しかし、自治体主体の認定ブランド政策は、商品数を増やすことが目的の加工機械導入補助やパッケージ刷新補助といった一部の積極的な事業者を対象とした支援が多く、ブランド設立後に継続して魅力的な新商品開発が続かずに、衰退していくケースが少なくなりません。


紀の川市において弊社は、生産者の加工商品(6次産業化)開発の支援として、6次産業化スクールや生産者の個別相談会など継続的に実施し、新しい商品開発に取り組む機運醸成や人材育成を行ってきました。その成果もあり、生産者の加工商品のアイデアが多数生まれてきて、実際に商品化をする最後の一歩を踏み出したいという声が増えてきました。そうした現状を踏まえて、紀の川市農林振興課と連携し、本プロジェクトを開始する運びとなりました。本プロジェクトを通して、一過性の地域ブランド開発ではなく、継続的に地域の新しい魅力が生み出される紀の川市の文化として、地域に根付いていくよう取り組みを進めます。

本プロジェクトは、地域の事業者が本当に必要としている加工商品開発支援を行い、新たな紀の川市の地域ブランドを立ち上げます。2021年11月20日~22日に、地元生産者4名と外部のクリエイター4組が紀の川市に集い、共にアイデアを磨く「共創キャンプ」を実施し、来年2月に開催するコンテストでは、実際に商品化する2つのアイデアを選定します。そして、紀の川市の新たな加工商品認定ブランドを立ち上げ、2023年に第一弾認定商品として販売を開始します。

「共創」による新しい加工商品開発で、より多くの地域の事業者が参加したいと思い、より魅力的な商品を生み出そうとする地域事業者のクリエイティビティを引き出せるような認定ブランド作りを目指します。

主催:紀の川市 農林振興課
運営事務局;株式会社MISO SOUP(代表取締役 北川智博)
お問い合わせ先:TEL:03-4330-1986 MAIL:contact@misosoup.co.jp
担当:大原
プロジェクトウェブサイト:https://kinokawa-lcp.com/
★お知らせは随時、プロジェクトウェブサイトに掲載します。


 (13514)
①共創キャンプin紀の川
テーマオーナーに選定された加工商品開発を目指す生産者4名とクリエイター4組の4ペアで「共創キャンプ」を開催します。クリエイターが紀の川市を訪れ、生産者の農場を訪問するなどフィールドワークを経て、ペアの生産者の持つ商品アイデアを磨き上げます。

②加工商品開発コンテスト
それぞれペアが更に2ヶ月程度オンラインを中心にブラッシュアップした商品アイデアを発表する「加工商品開発コンテスト」を行います。コンテストには、審査員を招き、入賞アイデアを2つ選出します。その後、入賞アイデアには商品開発資金が補助され、2023年に商品化させ、紀の川市加工商品ブランド第一弾の加工商品としてお披露目されます。
 (13516)
2021年10月1日(金)〜10月31日(日):クリエイター募集
2021年11月5日(金):クリエイター決定
2021年11月20日(土)−22日(月):共創キャンプ
2022年2月12日(土):加工商品開発コンテスト
2022年4月―2023年1月:商品開発期間
2023年2月:紀の川市新認定ブランド発表
 (13518)
 (13519)
 (13520)
 (13521)
 (13522)
17 件
〈 1 / 2 〉

関連記事