企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.10.15

コロナ禍でも地域に子どもの居場所を。埼玉県鴻巣市「子ども食堂応援プロジェクト」として100万円のふるさと納税型クラウドファンディングを開始。

2021年10月11日より寄付受付を開始。支援いただいた寄付金は、地域の子どもたちにお弁当や食材を配布する子ども食堂やフードパントリーに応援金として支給いたします。

埼玉県鴻巣市と、鴻巣市のふるさと納税業務を受託している株式会社フューチャーリンクネットワーク(本社:千葉県船橋市、代表取締役:石井丈晴、以下FLN)は、新型コロナウイルス感染拡大により運営に打撃を受けている地域の「子ども食堂」を支援するためのふるさと納税型クラウドファンディングを、2021年10月11日に開始しました。
 (13760)

プロジェクト開始の背景

現在、鴻巣市内では8つの団体が子ども食堂やフードパントリーを運営し、様々な家庭環境で暮らす子どもたちをサポートしています。子ども食堂は、地域の方や企業の支援によって支えられ、子どもの貧困対策や地域交流の拠点、食に関する環境改善の場として重要な役割を果たしています。

しかし、新型コロナウイルス感染症拡大による活動自粛により、子どもたちの学校行事や学び、遊びといった様々な活動に大きな影響が及ぼされたほか、子どもたちの居場所となる子ども食堂でも、これまで通りの活動を行うことが難しい状況にあります。
 (13763)

本プロジェクトは、食を通じて子どもたちの成長を守り、安心して過ごすことができる居場所作りに尽力する団体を多くの方に知っていただき、支援の輪を地域内に広げていくことで、将来を担う子どもたちをサポートするために始まりました。

集まった寄付金は、子ども食堂の運営支援のために使用いたします。将来を担う子どもたちへの支援をお待ちしています。

プロジェクトの概要

プロジェクト名 【新型コロナ対応】こうのす子ども食堂応援プロジェクト
目標金額 100万円
寄付受付期間 2021年10月11日~2022年1月9日(90日間)
プロジェクトURL https://www.furusato-tax.jp/gcf/1458
寄付金の使い道 鴻巣市独自の新型コロナウイルス対策事業のうち、子どもたちに無料または低額でお弁当や食材を配布する子ども食堂や、食品支援の必要な方が無料で食品等を受け取ることのできるフードパントリーに対して「応援金」として支給させていただきます。また、事業費を超える寄付金については、子どもたちの生活や学びを直接支援する事業に活用させていただきます。

鴻巣市のふるさと納税について

2021年10月時点で、約60事業者・460品の地域の魅力あふれる返礼品を提供しています。
主な返礼品:鴻巣の養鶏場の最高級特選たまご、鴻巣市産コシヒカリ など
寄付受付窓口:ふるさとチョイス( https://www.furusato-tax.jp/city/product/11217

FLNのふるさと納税支援業務について

FLNは、2018年8月より鴻巣市のふるさと納税委託業務を開始しました。鴻巣市に営業所を構え、地域をまわるスタッフを配置することで「事業者との顔の見える関係性」を築き、『寄付による増収に加え、持続的な地場産業振興とシティープロモーションにつながるふるさと納税』をめざし運用をしています。

■会社概要
社名: 株式会社フューチャーリンクネットワーク
代表取締役: 石井丈晴
所在地: 千葉県船橋市西船4-19-3 西船成島ビル
事業内容 : 地域情報流通事業、公共ソリューション事業、マーケティング支援事業
サイト: https://www.futurelink.co.jp/
12 件

関連記事