企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.10.17

学生に“ファッションロス(衣服ロス)”が引き起こす社会課題に向き合う場を 京都・滋賀の学生マンションにて「古着回収」開始

 UniLife(ユニライフ)のブランドで全国の学生マンションの企画開発・仲介斡旋・運営管理までをトータルで行う株式会社ジェイ・エス・ビー(本社:京都府京都市、代表取締役社長:近藤 雅彦 以下 当社)は、アパレルブランドSPINNSを展開する株式会社ヒューマンフォーラム(本社:京都府京都市、代表取締役会長:出路雅明 以下 ヒューマンフォーラム社)と提携し、当社が京都市、滋賀県草津市内で運営する学生マンション5棟にて、入居する学生を対象に、不要になった衣服の回収を行う古着回収を10月12日より開始します。

 (13972)

【実施の背景】

環境省の発表によると日本では年間で約48万トンの衣服が廃棄されています。ファッション産業は、製造にかかるエネルギー使用量とライフサイクルの短さなどから環境負荷が非常に大きい産業と言われ、その負荷が国際的な問題となっています。さらに、コロナ禍での外出機会の減少などで、ファッション業界の流通は停滞し、廃棄の抑制に歯止めが効かない現状にあります。このファッションロス(衣服ロス)と言われる社会課題の啓蒙と解決に少しでも貢献できるよう、当社は管理する学生マンションのうち、京都市内の2棟、滋賀県草津市内の3棟に回収BOXを設置し、不要となった衣服の回収を行っていきます。回収された衣服は、古着を循環させることで社会課題の解決に取り組むヒューマンフォーラム社にて再利用されます。

 SDGsへの意識が高まる中、学生の方々には実際に自分たちの住むマンション内での古着の回収を通して、ファッションロスにより起こる社会課題に関心を持ち、この活動を通して、互いに支えあい、よりよい未来を創ることの大切さに気付いていただけたらと思います。

<回収BOXを設置する学生マンション>
学生会館Uni E'meal京都高野(京都市左京区)117室
学生会館Uni E'meal京都伏見(京都市伏見区)  98室
学生会館Uni E'meal南草津   (滋賀県草津市)  94室
学生会館Uni E'meal草津野路(滋賀県草津市)107室
ユニエトワール南草津   (滋賀県草津市) 86室


【ヒューマンフォーラム社との取り組み】

当社は環境保全となる活動に関心を持ち、取り組みのひとつとして2021年6月よりヒューマンフォーラム社と共に、当社が運営する高齢者住宅グランメゾン輪舞館京都羽束師(ロンドカンキョウトハヅカシ)にて、地域住民の交流を兼ねた無人店舗での古着販売の取り組みを行っています。

【提携先概要】

株式会社ヒューマンフォーラム
本社所在地: 京都府京都市中京区寺町通蛸薬師上ル式部町261番地
創業   : 1997年1月
代表   : 代表取締役会長 出路雅明
事業   : 衣料品及び雑貨の販売
U R L   : https://www.humanforum.co.jp/

SPINNS(スピンズ)

ATTITUDE MAKES STYLE!(主張がスタイルをつくる!)をコンセプトに、全国展開する10~20代が中心のヒューマンフォーラム社が展開するアパレルショップ
U R L:https://www.spinns.com/

【当社概要】

株式会社ジェイ・エス・ビー
本社所在地:京都府京都市下京区因幡堂町655番地
創 業: 1976年12月
上 場: 東証1部(証券コード3480)
代 表: 代表取締役社長 近藤 雅彦
U R L: https://www.jsb.co.jp/
全国の学生マンション検索サイト: https://unilife.co.jp/


 ジェイ・エス・ビーグループは1976年の創業以来、全国で学生マンションの運営管理を手掛け、現在では北海道から沖縄まで学生向け賃貸仲介店舗「UniLife(ユニライフ)」80店舗を展開、2021年4月時点で76,612室を管理しています。
 高齢者住宅事業へは2011年より参入し、高齢者向け住居の企画開発、運営及び紹介事業を行っています。函館、仙台、滋賀、京都、大阪、福岡でサービス付き高齢者向け住宅を中心に15棟を運営しています。
 (13983)
13 件

関連記事