企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.10.25

世界一の和紅茶をもう一度!が合言葉。 奈良の健一自然農園で育った、和紅茶をメインにした大和茶が日本各地の名産素材とコラボした、健一自然農園×フェリシモのプロジェクトから新商品「旅する大和茶」が新登場

つづく・つながる・広がるお茶、新しくて楽しいお茶の世界を味わえる「旅する大和茶」の定期便

フェリシモが展開する、「Fu's Note[フーズノート]」は、健一自然農園とのコラボ新商品「旅する大和茶セット〈ティーバッグ〉の会」を発表、ウェブ販売を行っています。耕作放棄地となった茶畑をよみがえらせる奈良のお茶農家「健一自然農園」の代表、伊川健一さんとのプロジェクトの第2作目となる商品です。「世界一の和紅茶をもう一度!」との思いや商品にセットされる個性豊かなお茶の種類や詳細は、10月10更新のウェブサイトやデジタルカタログでチェックできます。

 (14829)

「世界一の和紅茶」をもう一度! 奈良県産の大和茶が日本各地の名産素材とコラボ


お届けするコレクションのコンセプトは「つづく・つながる・広がるお茶」。「旅する大和茶」をテーマに、奈良の「健一自然農園」で自然栽培された大和茶が日本各地で、さまざまな土地や人、その地で育ったすばらしい素材に出会い、つながり、今までにない感性の「産地コラボ」によっておいしいお茶が生まれました。今回ベースとなる大和茶は「和紅茶」がメイン。海外産の紅茶とはまた違う、すっきりとしたやさしいおいしさが特徴です。ティーバッグタイプなので、忙しい日々の”すき間時間”でも、リセットやリラックスのための「お茶する時間」が楽しめます。いつもそばにお気に入りのお茶がある暮らしっていいな……小さなしあわせをしみじみ感じられるような、毎月違う種類のお茶が届きます。「世界一の和紅茶」とは……!? 詳しい物語は特設サイトで。


◆ウェブサイトの記事を読んで知る大和茶のこと
「世界一の和紅茶」をもう一度!奈良県産の大和茶が日本各地の名産素材とコラボ>>https://feli.jp/s/pr2110193/4/
 (14832)
関連記事:「知らないままじゃ、もったいない!」四季を奏でるお茶のこと>>https://feli.jp/s/pr2110193/6/

 (14834)

「旅する大和茶」をテーマに、奈良の「健一自然農園」で育った大和茶が日本各地の名産素材と「産地コラボ」して生まれたおいしいお茶
 (14836)
23 件
〈 1 / 2 〉

関連記事