企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.10.28

ラフールサーベイ、企業のESG施策を定量評価する新機能「ESG施策チェック分析」をリリース

ESGのうち「Social(社会)」を5項目で評価・分析

「個人が変われば、組織が変わる」組織改善ツール『ラフールサーベイ』を提供する株式会社ラフール(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:結木啓太、代表取締役副社長:小梨明人、以下「ラフール」)は、当社が運営・開発する『ラフールサーベイ』が企業のESG施策を定量評価する新機能「ESG施策チェック分析」をリリースしたことをお知らせします。
 (15199)
■ ESGとは
ESGとは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の頭文字を取った略称です。この3つのESG活動を企業が積極的に取り組むことで、企業を中長期的に成長させていくことを目的としています。

昨今、持続可能な社会づくりが、世界全体の大きなトレンドになっています。その中でESGが注目されている理由は、「成長する企業」の判断軸が目先の利益や財務価値だけではなく、未来に向けて長期的に環境や社会に配慮した取り組みを行っているかどうか、という点にシフトしてきていることにあります。

ESGのうちE(環境)とG(企業統治)の取り組みは比較的数値目標を設定しやすいですが、これに対して労使関係や人権などを含むS(社会)は目標設定が難しく、達成度を把握しにくいという一面があります。

新機能「ESG施策チェック分析」は特にS(社会)の視点である個人の多様性を活かす「ダイバーシティ」の推進や、仕事と生活の両立である「ワークライフバランス」の向上、従業員のやりがいや働きやすい環境づくりの実現などに向けての取り組みを数字やグラフで定量化し、状況把握、改善のための参考としてご活用いただけます。また、他社比較、経営陣と従業員とで結果を比較し組織内の認識のギャップを測ることも可能です。




■ 新機能「ESG施策チェック分析」の特徴

① ESGのうち「Social(社会)」を5項目で評価・分析
 (15201)
従来のラフールサーベイの設問141項目に3項目を追加した計144項目から企業人材の、キャリア・育成、評価、働き方改革、健康経営・労働安全性、ダイバーシティー(多様性)に該当する項目を集計・分析し5項目で評価、数値化します。



【設問例】
・仕事で自分の長所をのばす機会がある
・性別関係なく活躍できる職場だと思う
・障がい者を受け入れられる会社だと思う
・外国人を受け入れられる会社だと思う
・意欲を引き出したり、キャリアに役立つ教育が行われている
・育児休業や介護休業等、仕事と家庭の両立支援が充実している
・職場では、(正規、非正規、アルバイトなど)いろいろな立場の人が職場の一員として尊重されている

目標設定が難しく、達成度が把握しにくい「Social(社会)」を分析・数値化し、状況把握、改善の参考データとなります。




② 他社比較機能(点数・偏差値比較)​​
自社とラフールサーベイに登録されている企業の数値を点数もしくは偏差値、グラフで比較することが可能です。業種比較もお選びいただけます。
 (15203)



③ 経営者と従業員のギャップ機能
経営陣と従業員でサーベイ回答結果を分け、ESGスコアに関する組織内のギャップを測ることが可能です。
 (15205)
ESG施策が定量化され、他社比較や自社内での比較ができることで改善施策の設計、実行、改善のサイクルを回しやすくなります。

企業の持続的な成長のためにESGに取り組み、そして環境や社会の持続可能性を確保することが重要です。本機能を通して機運の高まるESG投資に対してそれらに取り組む企業さまの後押しができればと考えております。

組織は個人(従業員)の集合体です。組織を良くするためには、個人(従業員)の意識を変える必要があります。「個人が変われば、組織が変わる。」をサービスコンセプトとした『ラフールサーベイ』は、個人(従業員)の行動変容を促すことに役立つツールです。

機能のご紹介やアカウント発行不要で実際の画面を体験できる「デモ体験」などと併せて、弊社オペレーターがオンラインにて直接ご使用方法などをご説明させていただきます。ご不明点やご質問を、その場で解決させていただきますので、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。
https://survey.lafool.jp/contact/

また、従業員様向けのオンラインカウンセリング、電話相談、オンラインマインドフルネスといった対策サービスも豊富にご用意しております。


大きな外的要因により、働き方、組織のあり方が根本から見直される今、働く従業員様、企業を管理する立場の方々の不安を取り除くこと、そして変化ある環境下でも生産性高い組織づくりを行うということ、加えてご担当者様のご負担を少しでも軽くできれば幸いです。

当社では、今後も引き続き、お客様のご意見、ご要望を参考に、ご活用いただきやすいサービスにしていけるよう開発・運営を進め、『ラフールサーベイ』におけるサービス体験の向上に取り組むことで、組織の健康経営、従業員様の心身の健康促進をサポートしてまいります。



■ ラフールについて
・社名:株式会社ラフール
・本社所在地:〒103-0025 東京都中央区⽇本橋茅場町2-9-5 ⽇進ビル7階
・設⽴:2011年11⽉30⽇
・代表者:代表取締役社⻑ 結木啓太
     代表取締役副社長 小梨明人
・事業内容:メンタルヘルステック事業(ラフールサーベイの開発・運営)、スリープテック事業、保育園事業
・URL:http://www.lafool.co.jp


■『ラフールサーベイ』について
 (15207)
企業の健康経営が注目されつつあり、企業で働く従業員様の心身の健康が重要視されています。『ラフールサーベイ』は人事施策の効果を定量化し、従業員、管理職、企業と立場の異なる人達が共通認識をもち、共通言語化できるサーベイツールです。従業員・管理職・企業の三方向から「行動変容」を促し、組織の改善、業績向上へ導きます。

また、通常のストレスチェックだけでは見えづらい心の状態が可視化されることで、社員が安心して働ける職場環境をつくり、人材の定着と組織改善に繋げられます。

最大の特長は、約3,000社の従業員18万⼈以上のメンタルヘルスデータから、⼤学や臨床⼼理⼠の知⾒を取り⼊れた独⾃の調査項⽬を従来のストレスチェックに加えることにより、多⾓的な分析ができる点です。組織エンゲージメント・ハラスメントリスク・離職リスクなども含めた包括的な診断が可能です。


・URL:https://survey.lafool.jp/
・アプリ版対応端末:iPhone/Android
・対応言語:日本語
・サービス地域:日本
・サービス開始日:2019年2月(Web版)、2019年6月(アプリ版)
・価格:ダウンロード無料
・開発・運営:株式会社ラフール
・App Store:https://apps.apple.com/jp/app/lafool/id1342462230
・Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.lafool.lafoolapp
11 件

関連記事