企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.11.05

静岡県SDGsビジネスアワード、5団体の採択を決定! 3ヶ月のメンタリング開始へ

静岡県の未来をつくる環境ビジネス


静岡県(所在地:静岡県静岡市、担当部署:くらし・環境部 環境政策課)は、未来をつくる環境ビジネスを表彰する「静岡県SDGsビジネスアワード」を立ち上げ、今期プログラムに応募された45団体の中から5団体の採択を決定しました。当プログラムでは、静岡県をフィールドとして環境ビジネスの推進を目指す法人を募集し、書類審査および最終選考会を経て決定された採択5団体に対して、事業アイデアの実現に向けたメンタリングを行います。2021年11月5日(金)に静岡県庁でキックオフミーティングを行い、主催者および協力パートナーで構成されるメンターが3ヶ月にわたる事業成長支援を開始し、2022年3月には最終成果発表会と表彰式が行われる予定です。


 (15818)


静岡県SDGsビジネスアワード 〜未来をつくる環境ビジネスを表彰します〜
https://www.shizuoka-sdgs-business-award.com



【主催】静岡県
【後援】環境省 関東地方環境事務所、財務省 東海財務局 静岡財務事務所
【協力パートナー】静岡県SDGs×ESG金融連絡協議会、静岡経済同友会(静岡協議会・浜松協議会・東部協議会)、一般社団法人 静岡県経営者協会、一般社団法人 静岡県商工会議所連合会、静岡県商工会連合会、静岡県中小企業団体中央会、静岡ガス株式会社、中部電力株式会社、鈴与商事株式会社、株式会社TOKAIホールディングス、株式会社ふじのくに物産、株式会社リコー、株式会社静岡銀行、スルガ銀行株式会社、株式会社清水銀行、株式会社静岡中央銀行、しずおか焼津信用金庫、静清信用金庫、浜松いわた信用金庫、沼津信用金庫、三島信用金庫、富士宮信用金庫、島田掛川信用金庫、富士信用金庫、遠州信用金庫、関東地方環境パートナーシップオフィス、静岡県環境ビジネス協議会、一般社団法人 静岡県環境資源協会
【総監修協力】地方創生イノベータープラットフォーム「INSPIRE」
【事務局】静岡県環境政策課、一般社団法人 静岡県環境資源協会
【総合プロデューサー】谷中修吾(BBT大学 経営学部グローバル経営学科 学科長・教授 / 慶應義塾大学SFC研究所「地域デザイン・ラボ」総合プロデューサー)
【メンター】新谷健司(株式会社経営参謀 代表取締役/株式会社クラフト・ティー 代表取締役)、飯倉清太(事業型NPOサプライズ 代表/静岡大学 地域創造学環 客員教授)、佐々木真二郎(環境省 大臣官房環境計画課 企画調査室長)、白石章二(ヤマハ発動機株式会社 技術・研究本部 フェロー NV推進担当/Moto Business Service India Private Ltd. Managing Director)、杉原美智子(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 ソーシャルインパクト・パートナーシップ事業部 LEAP OVER 事業統括 兼 政策研究事業本部 経済政策部 主任研究員)、出口裕一(株式会社リコー リコー環境事業開発センター事業所長)、内貴研二(サントリーホールディングス株式会社 コーポレートサステナビリティ推進本部 専任部長)、西村やす子(株式会社ふじのくに物産 代表取締役/株式会社クレアファーム 代表取締役)
 
 
 
▼採択団体(※五十音順)
 (15820)
TSK株式会社(本社所在地:袋井市豊沢)「ゼロカーボン時代に必要不可欠!火炎を使用しない加熱装置 MAGHEAT」



 (15822)
トライテック株式会社(本社所在地:田方郡函南町桑原)「消えて無くなるものを創る ~SDGsを考えた次世代の解体技術への挑戦~」




 (15824)

フードランド&パートナーズ(本社所在地:浜松市北区三ケ日町)「ゴミからダイヤモンド 〜もったいないビジネスで明るい農村を〜」



 (15826)

フジ物産株式会社(本社所在地:静岡市清水区大坪)「船上で処理・廃棄されているマグロの希少部位(尾・胃袋)を使った新商品の開発」



21 件
〈 1 / 2 〉

関連記事