企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.06.02

「ワタミの宅食」が冷凍惣菜にバイオマスプラスチック容器を導入

プラごみ削減、環境負荷低減に貢献

ワタミ株式会社(東京都大田区、以下ワタミ)は、食事宅配サービスを行う「ワタミの宅食」にて、冷凍惣菜の主力商品である「いつでも五菜」「いつでも三菜」にバイオマス素材を使用したプラスチック容器を導入しました。
「いつでも五菜」

「いつでも五菜」

新型コロナウイルス拡大による外出自粛の影響から、長期間保存ができ、いつでも食べられる冷凍惣菜の利便性が見直され、ニーズは増加傾向にあります。一方で、家庭から出るプラスチックごみは急増しており、環境への悪影響が懸念されています。
「ワタミの宅食」では、冷蔵弁当・惣菜において、容器の回収とリサイクルに取り組んでいますが、これに加え、冷凍惣菜にバイオマス素材を導入することで、環境負荷の低減、そしてSDGsに、より一層、貢献してまいります。

~業界初!容器回収リサイクルシステムを構築~
「ワタミの宅食」は、冷蔵弁当・惣菜において、バイオマスプラスチック容器を導入するとともに、高齢者食宅配を手掛ける企業としては初めて、自社容器を回収し、再生利用するリサイクルシステムを構築しました※1。お届けスタッフが、お客さま宅に弁当・惣菜を届けるとともに容器を回収し、関連会社の協力のもと、新たな容器にリサイクルしています。
※1:プラスチック容器包装リサイクル推進協議会調査

SDGsの達成に向けて

ワタミグループでは、SDGs(国連で採択された「持続可能な開発のための2030年までの目標」)の目標達成に向けて積極的に取り組むとともに、すべての企業活動の分野で持続可能な行動を推進していきます。グループとして、成長戦略の実現がSDGsの目標達成に貢献できるように、従業員だけでなく、すべてのステークホルダーと協力してまいります。今回の取り組みにおいては、SDGsの目標12、13、14の達成に貢献してまいります。

エコ・ファースト企業として

ワタミグループは、過去の取り組みの評価と今後への期待から、2010年、環境省より「エコ・ファースト企業」の認定を受けました。2008年4月のエコ・ファースト制度開始以降、国内グループ全事業(外食、介護、高齢者向け宅配事業、MD、農業、環境・メンテナンス※2010年時点)での認定取得は初めてとなりました。

「ワタミの宅食」について

「ワタミの宅食」は、日替わりのお食事と“まごころ”をお届けすることで“社会を支えるインフラ”となることを目指し、事業を展開しています。お弁当・お惣菜は、お客さまと同じ地域に住む“まごころスタッフ”がお届けしています。まごころスタッフがお客様宅をおとずれることで、日々のコミュニケーションを生み出すとともに、自治体と「見守り協定」を結ぶなど、高齢者世帯の見守りにも貢献しています。毎日約24万食のお弁当・お惣菜をお届けしており、高齢者食宅配市場「売上シェア10年連続 No.1」※を達成しています。
※出典 「外食産業マーケティング便覧2011~2020」(株式会社富士経済調べ)

ワタミ株式会社

【住 所】 東京都大田区羽田1-1-3
【代表者名】代表取締役会長兼グループCEO 渡邉美樹
【設 立】 1986年5月
【事業内容】 国内外食事業、海外外食事業、宅食事業、農業、環境事業
【ホームページURL】 http://www.watami.co.jp
11 件

関連記事