企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.11.09

「おてつたび」に登録していただいた方に小田急ポイントを期間限定でプレゼント

小田急沿線の地域へ行くキッカケを創出していきます。

季節的・短期的な人手不足をキッカケに地域の関係人口を創出するマッチングサイト『おてつたび』を運営する株式会社おてつたび(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:永岡里菜、以下「おてつたび」)と、小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司、以下小田急電鉄)は、小田急線を利用する方々含む関東在住の方へマイクローツーリズムを推進するため、期間中「おてつたび」に登録していただいた方を対象に小田急ポイント100ポイントのOPギフトを先着200名様にプレゼントするキャンペーンを《2021年11月8日(月)》より開始いたします。



「ONE(オーネ)」は、“Open Next Experience”の頭文字を取った名称で、ICT(情報通信技術)を活用して、1つのID「ONE(オーネ) ID(アイディー)」により、お客さまの暮らしに役立つシェアリングエコノミー等のサービスをお得に手軽にご利用いただけるサービスプラットフォームです。


キャンペーン詳細

概要:期間中「おてつたび」に登録していただいた方を対象に、
   小田急ポイント100ポイントのOPギフトを先着200名様にプレゼント
期間:2021年11月8日(月)〜2021年12月31日(金)
方法:OPギフトを当選者にメール等で送付



※1 小田急ポイントとは
小田急百貨店をはじめ1,000を超える小田急ポイントサービス加盟店でのショッピング等の際に、1ポイント1円としてご利用いただけるものです。
※OPギフトとは小田急ポイントをコードでプレゼントできる仕組みでONEへの会員登録が必要です。


サービス連携の背景    

新型コロナウィルスの影響を受け、居住地から大きな移動を伴わず30分〜1時間程で行ける範囲での旅行の形マイクロツーリズムが注目を浴びています。この流れは、自分が住んでいる地域や近隣の地域、同じ都道府県内の地域の普段見過ごしている魅力を再発見できるチャンスだと私たちは考えております。

この度、困りごとをお手伝いする事を通して地域や地域事業者のファン(関係人口)創りを得意とする「おてつたび」と、地域からの信頼が厚い「小田急電鉄」が連携する事により、小田急沿線での受入先を共に増やしながらマイクロツーリズムを推進し、知っていたようで知らなかった近所の魅力を再発見できる新しい旅行コンテンツを創り上げていきます。



小田急電鉄株式会社 ONE担当兼シェアリングエコノミー協会公認アンバサダー 和田正輝からのコメント

 (16136)
小田急の沿線は新宿のようなビジネス・商業の地から団地や住宅地、観光や1次産業が盛んな地域と多彩な都市構造を持ち合わせています。また大学など教育機関も多いのが特徴です。沿線の大学などに通う学生の皆さんが地域や社会と関わり地域の実情を知ることで、地域の課題を認識することができます。
将来の糧になるような体験をしていただければ嬉しいです。



おてつたび代表 永岡里菜からのコメント

 (16139)
私達は、おてつたびを通じて「どこそこ」と言われがちな日本各地の素敵な地域に人が来る仕組みや知るキッカケを作りたいと思いサービスを運営をしています。知らない地域と聞くと少し離れた地域を想像しがちですが、近所や通勤・通学途中の駅でも意外と深くは知らない地域は多いと思っています。新型コロナウイルスの関係で、おてつたびの登録者も、近場にいかれている方も増えています。本連携を通じて、小田急沿線の受け入れ事業者を増やすことで、マイクロツーリズムを推進し小田急沿線地域の魅力発信に貢献したいです。


連携を希望される自治体や事業者を募集中

小田急沿線の人手不足で困る事業者や関係人口創出に興味がある自治体を引き続き募集しています。
興味がある方は以下よりお問い合わせください。
https://otetsutabi.com/business


19 件
〈 1 / 2 〉

関連記事