企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.11.10

あなたの心と社会を動かした、信頼のおけるコンテンツを教えてください Internet Media Awards 2022 開催 11月8日(月)より応募受付開始!

一般社団法人インターネットメディア協会(東京都渋谷区、代表理事・瀬尾傑)は、信頼ある情報を伝えることで社会をよりよい方向に導いた作品や活動に光をあてるとともに、イノベーションに挑むメディア事業社や関係者をたたえる『Internet Media Awards 2022』(実行委員長・谷本有香)を開催します。対象となるのは2021年度中にインターネット上に公開された作品もしくは、ネットメディアにまつわる活動で、2021年11月8日(月)より、応募の受付を開始いたします。



近年、拡大するインターネット市場がメディアに大きな変革をもたらすなか、情報の信頼性や品質が課題として指摘されることが増えています。同時に、インターネットの世界で主流となってきた広告収入中心のメディア運営が揺らいでいます。これが、信頼できる情報を継続的に発信するために必要なメディアの財務基盤を損ね、情報の品質を落としかねないという悪循環も生じています。


インターネットメディア協会(JIMA)では、このように成長する一方で課題を抱えるインターネットを基盤とするメディア活動について、課題解決に向けた議論や相互啓発、情報受信者・発信者双方のリテラシー向上に向けた活動に、会員とともに取り組んできました。




Internet Media Awardsは、信頼性のある情報をわかりやすく正しく世の中に伝え、社会をよりよい方向に導いた作品や活動に光をあてるとともに、情報伝達における質の高さを追求しイノベーションに挑むメディア事業社や関係者をたたえるアワードです。前年(2021年)を振り返り、新しい年のよりよい作品創作や活動に活かし、メディアのさらなる発展を目指します。



【 Internet Media Awards 2022 概要 】

<主催>
一般社団法人インターネットメディア協会(JIMA)

<応募についての詳細>
Internet Media Awards 2022 特設ページ https://jima.media/ima2022/

<応募対象>

1. インターネットメディア※上に公開されたオンラインコンテンツ(ニュース、コラム、エンターテインメント、動画、データビジュアライゼーションなど種類や形態は問いません)、あるいはインターネットメディアにかかわる活動、またそのようなコンテンツや活動にかかわったメディア事業社、企画運営にあたった人を対象とします。

2. 2021年中(2021年1月1日〜2021年12月31日)に公開されたコンテンツ作品、または活動を対象とします。


※「インターネットメディア」の範囲について
テレビ、新聞・雑誌のオンラインコンテンツ、WEB、ラジオ、SNS、YouTube、Podcastなどの音声メディア、CM・広告、技術を活用した展示や活動



【賞と部門について】

●グランプリ
全ての応募の中から、Internet Media Awardsの趣旨に合う、最も優れた作品・活動を表彰いたします。

下記、6つの部門から、それぞれ優れた作品・活動を表彰いたします。


●テキスト・コンテンツ部門
オンラインコンテンツの中でも、卓越したテキストによって、真実をわかりやすく伝え、人々の心を動かし話題になった作品が対象

●ビジュアル・コンテンツ部門
オンラインコンテンツの中でも、優れたビジュアルの動画・画像・デザインによって、伝えようとしている内容の理解が深まり印象に残った作品が対象

●スポンサード・コンテンツ部門
クライアント企業にとって、広告効果にとどまらず、様々なステイクホルダーに対し共感やインパクトをもたらす編集と創作が施された、インターネット上のスポンサード作品が対象

●メディア・イノベーション部門
新しい技術を駆使し、創造的で革新的な仕組みや取り組みを用いて、コンテンツをよりわかりやすく興味深く伝えることができた作品や活動が対象(技術とは、AI、VR/AR/MR、3D、アバター、ビッグデータ活用、など)

●ソーシャル・グッド部門(部門名変更)
インターネットメディアを通じ、人権問題への配慮、LGBTQの理解の向上、CSR活動、SDGsに資する活動など、社会課題を解決へ導くため、社会に対しよいインパクトをもたらした作品や活動が対象

●アクション・フォー・トラスト部門(新設)
フェイクニュースやデマへの対策や教育、誹謗中傷対策、ファクトチェックの徹底など、メディアやコンテンツの信頼を築くための静的・動的な活動が対象


【 応募について 】

・応募はインターネットメディア協会(JIMA)会員に限らず、どなたでもご応募いただけます。
・応募フォーム1つにつき1作品・活動をご応募ください。
・応募は自薦・他薦を問いません。
・お一人様から複数の応募も歓迎いたします



【 応募・選考・発表までのスケジュール 】

応募受付開始: 2021年11月8日(月)
最終応募締切: 2022年1月12日(水)17時
JIMA会員による投票: 2022年2月7日(月)〜 2月21日(月)
選考委員による最終選考会: 2022年3月中旬


受賞発表: 2022年3月下旬 ※受賞発表日が決定しましたら、Internet Media Awards 2022 特設ページにて、お知らせいたします。


【 選考委員 】(五十音順)

●小木曽 麻里(SDGインパクトジャパン共同代表​​)
●瀬尾 傑(一般社団法人インターネットメディア協会 代表理事)
●関 治之(一般社団法人コード・フォー・ジャパン 代表理事)
●谷本 有香(Forbes JAPAN  Web編集部 編集長)
●森 健(ジャーナリスト/専修大学文学部非常勤講師)
●山辺 真幸(データビジュアライズデザイナー/情報可視化研究者)
ほか


*2021年11月8日現在決定している選考委員の方々です。選考委員が決まり次第、順次 Internet Media Awards 2022 特設ページにてお知らせいたします。
 (16222)
<選考委員プロフィール>

小木曽 麻里(SDGインパクトジャパン 共同代表​​)

世界銀行(資本市場専門家、MIGA東京事務所長)、ダルバーグ日本代表、ファーストリテイリングのダイバーシティヘッド、人権事務局長を務めた後、日本におけるサステナブルファイナンス推進のためにSDGインパクトジャパンを設立。共同創業者兼CEOとしてインパクトファンドの設立を含むサステナブル投資に携わる。インパクト投資についてはその黎明期より携わり、当時アジア最大規模となるアジア女性インパクトファンドを創設。また、日本社会に今一番必要なのは多様性とWell-Beingの向上と考え、ジェンダーを始めとした多様性促進の活動に広く携わる。


瀬尾 傑(一般社団法人インターネットメディア協会 代表理事)
ノンフィクションの読み放題サービス「SlowNews」を運営するスローニュース代表として調査報道のエコシステムづくりに取り組んでいる。日経マグロウヒル社で経営企画室、日経ビジネス編集部、講談社に転職後、『週刊現代』『月刊現代』編集部、ジャーナルラボなどを経て、『現代ビジネス』を創刊、編集長に。2018年にスマートニュースに入社し、スマートニュース メディア研究所所長に就任。19年2月からスローニュース代表取締役を兼務。一般社団法人インターネットメディア協会代表理事。


関 治之(一般社団法人コード・フォー・ジャパン 代表理事)
「テクノロジーで、地域をより住みやすく」をモットーに、会社の枠を超えて様々なコミュニティで積極的に活動する。住民や行政、企業が共創しながらより良い社会を作るための技術「シビックテック」を日本で推進している他、オープンソースGISを使ったシステム開発企業、合同会社 Georepublic Japan CEO及び、企業のオープンイノベーションを支援する株式会社HackCampの代表取締役社長も勤める。また、デジタル庁のプロジェクトマネージャーや神戸市のチーフ・イノベーション・オフィサー、東京都のチーフデジタルサービスフェローなど、行政のオープンガバナンス化やデータ活用、デジタル活用を支援している。その他の役職:総務省 地域情報化アドバイザー、内閣官房 オープンデータ伝道師 等


谷本 有香(Forbes JAPAN  Web編集部 編集長)
証券会社、Bloomberg TVで金融経済アンカー後、米MBA取得。日経CNBCキャスター、同社初女性コメンテーター。オードリー・タン台湾デジタル担当大臣、トニー・ブレア元英首相、アップル共同創業者スティーブ・ウォズニアック等、3,000人を超えるVIPにインタビュー。現在、J-WAVE「JAM THE PLANET」、TBS「坂上&指原のつぶれない店」のレギュラー経済コメンテーター。ロイヤルハウジンググループ上席執行役員、WARPSPACE顧問等、企業役員としても活動。立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究所 アドバイザリーボードメンバー。2016年2月より『フォーブス ジャパン』に参画。2020年6月1日より現職。


森 健(ジャーナリスト / 専修大学文学部非常勤講師)
1968年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。科学誌や総合誌で専属記者を経て独立。2012年、『「つなみ」の子どもたち』と『つなみ 被災地の子ども80人の作文集』で第43回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。2015年、『小倉昌男 祈りと経営』で第22回小学館ノンフィクション大賞受賞。2017年、同書で第1回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞受賞、ビジネス書大賞2017で審査員特別賞を受賞。著書に『人体改造の世紀』『グーグル・アマゾン化する社会』『ビッグデータ社会の希望と憂鬱』ほか。2016年より「Yahoo!ニュース特集」にてデスクを兼任。


山辺 真幸(データビジュアライズデザイナー/情報可視化研究者)
1977年生まれ。法政大学工学部卒、国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)卒。デザイナーとして、グラフィックデザイン事務所、ウェブデザインファーム起業を経て現職。現在、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程にて、データビジュアライズデザインと情報可視化研究に従事。近年、新型コロナ感染拡大に関するビッグデータを可視化したCG等を制作し、NHKスペシャルやクローズアップ現代+などの番組に提供した。2021年、可視化情報学会主催、第49回可視化情報シンポジウムアート賞大賞を受賞。デザインとプログラミング株式会社代表取締役。武蔵野美術大学、情報科学芸術大学院大学、明星大学非常勤講師。



20 件
〈 1 / 2 〉

関連記事