企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.11.12

ファンケルグループ LGBTQ取り組み評価「PRIDE指標2021」でシルバー賞を受賞


ファンケルグループは、職場におけるLGBTQなどのセクシャル・マイノリティ(以下、LGBTQと表記)への取り組みに関する評価を指標に定めた「PRIDE指標2021」において、シルバー賞を受賞しましたことをお知らせします。


PRIDE指標とは、「企業等の枠組みを超えてLGBTQが働きやすい職場づくりを日本で実現する」ことを目的とした任意団体「work with Pride」による評価指標です。日本初の職場におけるLGBTQに関する取り組みを評価する指標で、2016年からは表彰制度がスタートしています。この制度は、LGBTQに関する取り組みを5つの評価指標に分類し、企業や団体は各指標の獲得点数により表彰されます。当グループは、昨年に続いてエントリーを行い、4つの指標が評価されて「シルバー賞」の受賞となりました。  *「PRIDE指標」の詳細 https://workwithpride.jp/pride-i/ 



【受賞概要】
■受賞マーク
 (16460)

■受賞日11月11日(木)

■受賞名称PRIDE指標2021 シルバー賞

■評価項目と実施概要

評価項目は以下の5項目あり、当社はそのうち1,2,3,5の項目で評価されました。

<PRIDE指標2021>
1.<Policy: 行動宣言>
2.<Representation:当事者コミュニティ>
3.<Inspiration:啓発活動>
4.<Development:人事制度、プログラム>
5.<Engagement/Empowerment:社会貢献・渉外活動>


1.<Policy:行動宣言>
◆2017年にダイバーシティ推進のスローガンと方針を策定
スローガン:「みんな違ってあたりまえ」
方針:「様々な価値観や考え方を持つ多様な人材が個性や能力を発揮し、新しい価値を生み出し続けることを目指しています。」
ダイバーシティ経営を追求して企業価値を向上していくために策定し、企業サイトなどを通じて社内外に広くアピール。
◆2021年8月にファンケルグループ人権方針を企業サイトにて公開。従業員だけでなく、自社の製品・サービスに関係するすべてのお取引様に対してもご理解頂くことに努め、遵守を求めていく姿勢を記載。
◆LGBTQに対する差別的な言動禁止を含めた、コンプライアンスに関する行動基準を制定した従業員向けの手帳「私のコンプライアンス行動基準手帳」を、全従業員に配布して共通意識の徹底。


2.<Representation:当事者コミュニティ>
◆全従業員対象に研修を通して、アライ(LGBTQを理解して支援する人)への理解促進。
◆従業員の相談窓口(コンプライアンスヘルプライン)を設置。


3.<Inspiration:啓発活動>
◆経営層を含めた全従業員に、グループディスカッションやグループワークを取り入れた LGBTQ研修・ハラスメント研修を継続的に実施。特に管理職にはハラスメントにおける法改正の周知について、演習やグループワークで理解を促進。


5.<Engagement/Empowerment:社会貢献・渉外活動>
◆従業員による寄付活動「もっと何かできるはず基金」と旗艦店「ファンケル銀座スクエア」のSDGsイベントによる一部売り上げを認定NPO法人「虹色ダイバーシティ」(https://nijiirodiversity.jp/category/item/)に寄付。企業サイトやイントラネットで「虹色ダイバーシティ」の活動内容を発信して社内外に認知拡大を図る。


3 件

関連記事