企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.12.01

将来を担う子どもたちの教育活動や文化活動を支援学校やクラブ活動団体など94団体に助成金を贈呈

公益財団法人ベイシア21世紀財団(群馬県前橋市、理事長:染谷典久)は、将来を担う子ども達の教育活動や文化活動などを支援するために、平成15年度から学校のクラブ活動団体や文化活動団体、特色ある教育活動実践校に対する助成事業を行っており、今回で50回目となります。今年度は、群馬県、埼玉県、長野県の3県下の学校やクラブ活動団体など、94団体に助成金を贈呈しましたので、お知らせします。

【概要】
令和3年度は、94団体に対し、合計1,790万円を助成。

<特色ある教育活動>
助成要件:小学校・中学校・高等学校・特別支援学校で特色のある教育活動を実践し、その成果を上げている学校であること。
助成件数:34件(総額638万円)

<学校クラブ活動>
助成要件:小学校・中学校・高等学校・特別支援学校のクラブ活動等において、令和3年については真剣に懸命に取り組んでいる団体であること。
助成件数:60件(総額1,152万円)

<令和3年度助成金の主な活用例>
・群馬県みどり市立あずま小学校(特色ある教育活動部門)
・埼玉県立久喜高等学校 バスケットボール部(学校クラブ活動部門)

群馬県みどり市立あずま小学校(特色ある教育活動部門)

テーマ
英語科教育・プログラミング教育を中心とした特色ある教育活動の推進

内容と特徴
全校英語集会やオーストラリアのイートンズ・ヒル校とのWeb交流。プログラミング教育では「ビスケット」を活用した動画制作、「スクラッチ」を活用したゲーム制作、またロボットを活用した学習など魅力ある教育活動を実施。各種検定にも挑戦しています。

活動の狙い
英語科教育やプログラミング教育などを中心とした教育活動を推進し、広く社会で活躍できる児童を育成する。

助成金の使途
英検ジュニアオフライン版、プログラミングロボット、教室でビスケット契約料など


活動の様子
 (18188)

埼玉県立久喜高等学校 バスケットボール部(学校クラブ活動部門)

実績
3×3 U18日本選手権優勝、ウインターカップ県予選3位

チーム目標
Play、Teamwork、応援、人間性の全てに日本一を目標に、バスケだけでなく様々な取組に挑戦

助成金の使途
トレーニング器具、ボール、デジタイマー、遠征費他


活動の様子
 (18191)

ベイシア21世紀財団について

「公益財団法人ベイシア21世紀財団」は、ベイシアグループ売上5,000億円達成を機に、創業者土屋嘉雄氏の発意により、社会貢献活動の一環として設立されました。子どもたちが、郷土の恵まれた自然や優れた社会的環境の中で健全に成長していくことは必要不可欠であり、そのための教育への取り組みは、次世代に対する現世代の課題であり責務であります。このような考え方に基づき、学校教育の一層の発展と向上に寄与するため、子どもたちの教育環境や文化的な活動環境の整備向上を支援する事業を行うことで、子どもたちの豊かな感性や優れた能力の育成を図り、もって地域社会の発展に寄与することを目的としています。

令和3年度 寄付企業一覧

(株)ベイシア、(株)カインズ、(株)ワークマン、(株)セーブオン、(株)オートアールズ、(株)ベイシア電器、(株)アイシーカーゴ、(株)アイシー興業、(株)いせやコーポレーション、(株)カインズ総合保険サービス、(株)カインズ・ビジネスサービス、(株)カインズベストケア、(株)カインズ・ポップデポ、(株)カインズリアルエステート、(株)清閑堂、(株)ベイシア興産、(株)ベイシア総合保険サービス、(株)ベイシア土地建物、(株)ベイシアビジネスサポート、(株)ベイシアポップデポ、(株)ベイシアリアルエステート、(株)ベイシアリース・キャピタル、(株)ミュー・エンターテイメント

<ベイシア21世紀財団 概要>
代表者:理事長 染谷 典久
設立:2002年 11月
所在地:群馬県前橋市亀里町900番地
事業内容:子どもたちの教育環境や文化的な活動環境の整備向上支援
公式サイト:http://www.21zaidan.or.jp/
11 件

関連記事